Now Loading...

2人目不妊に効果抜群!鍼灸治療のすばらしさ

「2人目が欲しいけど、もう30後半だし無理かな…」「もっと早くに産んでおけばよかった…」、このような諦めや後悔をしている方はいらっしゃいませんか?

確かに、年を取るにつれて妊娠できる確率は減ってきます。
しかし工夫や治療方法次第では、まだまだ妊娠することができるのです!

そこで今回は「30代、40代でも子供を産みたい」という方向けの治療方法である、「鍼灸治療」についてご説明いたします。

1.「加齢」による不妊の正体

「加齢」による不妊の正体は、「卵子の老化」が原因です。
卵子の元となる細胞は生まれながれにして存在しています。そのため、年齢とともに卵子も老化していくというわけです。
卵子が老化してしまうと妊娠するための機能が衰えてしまうので、結果として不妊になってしまう可能性があります。

2.鍼灸治療とは?

鍼灸治療とは、「鍼やお灸を用いてツボを効果的に刺激する治療方法」のことを指します。
「何だか痛そうだ…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はそれほど痛くない治療です。
鍼灸治療は、冷え性や自律神経の乱れから起こる女性の月経不順、更年期障害、さらには子供の喘息などに効果があります。

3.2人目不妊の治療における鍼灸治療の効果!

ここでは2人目不妊の治療における鍼灸の効果について、より具体的にご説明いたします。

2人目不妊の原因の1つの「加齢」。「加齢」によって不妊になるのは「卵子の老化」によって、妊娠機能が衰えることが原因であると先ほど説明いたしました。
老化自体を止めることはできませんが、鍼灸治療では卵子の妊娠機能の衰えを改善することはできます。

鍼灸治療によっておこる改善する機能は大きく2つあります。

1つ目は「ホルモンバランス」です。鍼灸治療で自律神経の乱れを改善することで、妊娠機能が高い卵子を育てるホルモンの分泌を促します。
その結果卵子が成熟しやすくなり、妊娠する可能性が高まります。

2つ目は「血流」です。鍼灸治療では血流が良くなります。
血流が良くなると、妊娠に必要なホルモンや養分が体中に行き渡り、妊娠しやすくなります。

4.まとめ

今回は「鍼灸治療」について詳しくご説明しました。
鍼灸治療が不妊治療、特に年齢が原因の不妊において、効果を発揮することをご理解いただけたでしょうか。
不妊で悩まれている方は一度「鍼灸治療」を試してみてくだい。
何かお困りごとや相談がございましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。お待ちしています。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応