Now Loading...

漢方薬とタンパク質には何か関連があるのか?

タンパク質は体を構成する主要成分ですが、漢方との関連はあるのでしょうか。

タンパク質

タンパク質とは

タンパク質は、アミノ酸が多数結合してできた化合物です。人体の主な構成成分で、体のあらゆる器官がタンパク質でできています。そのため、体の健康を維持するためには、常に蛋白質を補充する必要があります。

体の各細胞は一定期間が過ぎると破壊され、分解されて排出されます。そして、新たにできた細胞と入れ替わります。この新たな細胞を作るのに、タンパク質が必要なのです。

タンパク質は肉や魚、大豆食品、乳製品などから摂取しますが、食物として胃に入ると一旦分解されてアミノ酸になります。それから体内でタンパク質に再度合成されて使われるわけです。前述のように、タンパク質はアミノ酸が結合したものですが、結合するアミノ酸が少ない場合はペプチドと呼ばれます。

タンパク質は炭水化物や脂質とともに、体を構成する主要成分ですが、タンパク質はその生物に固有の物質となって体内で働きます。つまり、生物すべてにタンパク質がありますが、そのタンパク質は生物ごとに構成が違うということです。

そのため、ある動物のタンパク質をそのまま別の動物に移植することはできません。タンパク質を取り込むには、肉として食べアミノ酸に分解して、自分の体に合ったタンパク質に再合成しなければならないのです。

タンパク質の寿命

体内でアミノ酸から合成されたタンパク質は、種類によって寿命が異なります。長いものは数カ月寿命がありますが、短いものだと数十秒しか持ちません。寿命がきたタンパク質は体内で分解されますが、そのメカニズムはまだわかっておらず、今後の研究が待たれます。

漢方薬とタンパク質

タンパク質はアミノ酸でできていますが、アミノ酸は20種類ほどあります。タンパク質には体内で合成できるものと合成できないものがあり、合成できないアミノ酸を必須アミノ酸と呼びます。必須アミノ酸は食物から摂るしかありませんが、普段私たちが栄養素として考えるアミノ酸は必須アミノ酸のことを指しています。

タンパク質は体をつくる上で非常に重要な栄養素となります。そのため、タンパク質が不足すると体自体に影響が出てくるため、漢方薬の効果にも影響が出る可能性があります。

そのためしっかりとした食生活をし、体をつくるタンパク質の摂取を心がけてください。

 

まとめ

タンパク質は炭水化物や脂質と同様に、体を構成する主要成分です。そもそも体を構成する要素がすくなければ、漢方薬の効果が薄れてしまう可能性もありますので、

しっかりとした食生活を心がけるようにしてください。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応