Now Loading...

漢方薬と食物繊維で便秘の予防・改善ができる

便秘にはいろんなタイプがありますが、どのタイプの便秘も、男性よりも女性のほうが多いのが特徴です。漢方と食物繊維で、便秘の予防・改善をしましょう。

□便秘とは

排便回数は人によってまちまちで、毎日数回排便する人もいれば2日に1回の人もいます。このように、排便回数にはかなりの個人差がありますが、その排便回数で快適に生活できれば何も問題ありません。そのため、何回排便しなければならないという数字はありませんが、だいたい1週間に排便回数が3回未満だと便秘と言われます。

便秘は便の水分が腸壁に吸収されて硬くなり、排便しにくくなった状態です。このため、便秘が続くとさらに水分が吸収され、もっと排便しにくくなるという悪循環に陥りがちです。便秘は便が出にくく不快な思いをするだけでなく、放っておくと痔や虚血性腸炎などの病気を引き起こすおそれがあります。

□便秘の改善

便秘を改善するには、薬だけでなく生活習慣を変える必要があります。まず最初に食生活を見直しましょう。便秘の改善には、食物繊維を多く摂取することが大切です。コンニャク、ひじき、わかめ、根菜類、きのこ類、緑黄色野菜などを積極的に摂ると便秘によく効きます。

便秘を改善するには腸の働きを活性化することが必要ですが、そのためには運動も欠かせません。無理をしない範囲で腹筋したり、ウォーキングなどをすると自律神経の働きがよくなり、腸が活性化します。

□便秘に効く漢方薬

便秘の改善に効果のある漢方薬をご紹介しましょう。ここに挙げた漢方薬はすべて第2類医薬品です。

*麻子仁丸(ましにんがん)

便が硬い人におすすめの漢方薬です。便秘のために頭痛がしたり、のぼせや湿疹、皮膚炎、吹き出物などの症状がある人に効果があります。食欲不振や腹部膨満、腸内発酵、痔などの改善にも役立ちます。

*桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)

腸が過敏で、便秘や下痢になる人におすすめです。しぶり腹、腹痛、下痢、便秘に効果があります。

*乙字湯(おつじとう)

便秘に伴う痔の改善効果があります。いぼ痔、切れ痔、便秘、軽い脱肛などで悩んでいる人におすすめです。

*調胃承気湯(ちょういじょうきとう)

慢性的な便秘の改善に効果があります。便秘が原因の頭痛やのぼせ、湿疹、皮膚病、食欲不振、腹部膨満、腸内発酵、痔などに効きます。

□まとめ

1週間に排便回数が3回未満の人は便秘だと言われています。便秘を改善するには食物繊維を摂り、軽い運動をすることが大切です。便秘に効く漢方薬には、麻子仁丸、桂枝加芍薬湯、乙字湯、調胃承気湯などがあります。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応