Now Loading...

漢方薬にとってミネラルは必要か?

ミネラルは、人間の健康を維持するのに欠かせない成分です。

では、漢方薬にとってミネラルは必要なのでしょうか。

□ミネラルとは

人間の体を構成している主な成分は蛋白質や炭水化物などですが、これ以外にもミネラルがないと、健康を維持することができません。

ミネラルには、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデンなどがあります。

いずれも微量ミネラルと呼ばれるもので、人体にとってなくてはならないものです。

このミネラルの中でも重要なのが鉄です。

鉄は赤血球のヘモグロビンを作るのに必要なミネラルで、これがないと体の隅々まで酸素を届けることができません。

女性は月経により血液を失うので、男性より多くの鉄が必要となります。

鉄はレバーやカツオ、貝類などに含まれています。

積極的に鉄を摂るにはサプリメントが有効ですが、アミノ酸やビタミンCを併用すると吸収率が高まります。

また、亜鉛も人体にとって重要なミネラルです。

亜鉛は細胞分裂に深く関わっており、骨や筋肉などの成長に欠かせません。

体内では骨や筋肉、皮膚、肝臓、脳、腎臓などに蓄えられています。

精子の生成も細胞分裂が必要なため、亜鉛が欠乏すると精子の生成量に影響します。

さらに、亜鉛は男性機能の活性化にも欠かせない成分で、慢性的に亜鉛が不足すると勃起不全などの症状に陥ります。

このように人体になくてはならない亜鉛ですが、摂取しすぎると銅の吸収を阻害するため別の問題が起きてしまいます。

牡蠣や肉、ナッツ類などに多く含まれますが、食材から亜鉛を摂る限り摂取過多になることはありませんが、サプリメントで亜鉛を摂取する場合は摂取量に注意しましょう。

□漢方薬とミネラル

漢方薬は複数の生薬からできており、生薬どうしの効能や生薬と他の成分との組み合わせで相乗効果を生み出します。

ミネラルは上記のように人体にとって不可欠な成分ですが、漢方とのつながりは特に見当たりません。

漢方薬とミネラルの組み合わせで、相乗効果を生み出すといったこともないようです。

□まとめ

人体の主な構成要素は蛋白質や炭水化物ですが、いくつかのミネラルも人体の健康維持のために欠かせません。

特に鉄や亜鉛は人体に不可欠なミネラルで、これらが欠乏するとさまざまな弊害が発生します。

しかし、亜鉛は摂取過多になると銅の吸収を阻害するので、摂取量に注意が必要です。

漢方薬は他の成分との相乗効果で意外な効能を発揮することがありますが、漢方とミネラルの関連は何もありません。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応