Now Loading...

漢方で冷え性を治す方法について紹介します

冷え性は、多くの女性にとって悩みの種です。また、冷え性は女性特有の症状のように言われていますが、男性にも冷え性はあります。漢方で冷え性を治すには、どうすればいいのでしょうか。

□冷え性の原因

冷え性の原因は人によってさまざまです。そのため、冷え性になったら体を温めればいいと思っていると、そうではない場合もあるので注意が必要です。これは、温めると気分が悪くなる人もいるからです。

このため、自分の冷え性のタイプを知り、それに合った対処法を取ることが大切です。冷え性の原因は大きく分けて2つあります。1つは体に熱がないために体が冷えるタイプで、もう1つは熱はあるものの、全身にうまく熱が回らないために冷えるタイプです。

体に熱がないのは、体の弱い人に多いタイプで、虚弱体質や疲労、老化などが原因で起こる冷え性です。全身に熱が回らないのは、生活の乱れやストレスによって、自律神経のバランスが崩れたときに起こりやすい冷え性で、血液循環が悪いことが拍車をかけています。

この場合は体に必要なだけの熱はあるので、温めると熱が過剰になってのぼせてしまいます。最近では、このタイプの冷え性が圧倒的に増えています。

□漢方で冷え性を治す

熱が不足している人は、熱を作り出すことで冷え性を改善することができます。多くの場合、体が弱いことが原因なので、軽い運動をして体力をつけることも大切です。漢方薬の中で体を温めるものを補陽薬と呼びますが、代表的なものに朝鮮人参や、桂皮、附子、黄耆などがあります。

これらの生薬を効果的に配合した漢方薬に、八味地黄丸(はちみじおうがん)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などがあります。血液循環が悪くて起こる冷え性は、気血水の滞りが原因となっています。これは、生活の乱れやストレスによる、自律神経の不調によって起こるものです。

この状態を改善するには、自律神経を安定させて、体の機能を回復することが重要です。漢方薬で精神的な安定を促すものを理気薬と呼びますが、柴胡、厚朴、半夏、枳実、紫蘇、竜骨、牡蠣などの成分が有効に働きます。これらの生薬を含んだ漢方薬には、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)、抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)などがあります。

□まとめ

冷え性には、体に熱が不足しているために冷える場合と、熱は十分あるのに血液循環が悪いために末端が冷える冷え性があります。そのため、自分の冷え性のタイプによって、対処法を変えなくてはなりません。熱が足りなければ熱を増やすように、血液循環が悪ければ循環をよくするように改善するための漢方薬があります。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応