Now Loading...

不妊に効く漢方の保存期間についてご紹介します。

「服用している漢方が余ってしまった」
「不妊治療に漢方を服用しているけれど、いつまで持つのだろう」
そのようにお悩みの方はいませんか?
不妊治療や体質改善に漢方を使用しているけれど、保存方法や保存期間がわからない方もいらっしゃることでしょう。
そこで今回は、漢方の保存期間と保存方法についてご紹介します。

□漢方の保存期間について

食べ物と同じように、薬にも使用期限があります。
一般的に漢方薬の使用期限は三年から五年とされており、この期間中は保存しておいても大丈夫と言えます。
しかし、これは薬を開封せずに、湿度や温度が管理された状態での目安です。
正しく保存されずに使用期限が切れていた場合は、有効成分が減っていたり品質が変化したりしている場合があるため、処分したほうが良いでしょう。
また、漢方はその時々の症状に合わせて処方されています。
そのため、処方当時の症状と現在の症状が異なる場合があるため、以前使用した漢方をそのまま使用するのは適切ではありません。
気になる場合は、処方を受けた薬剤師や医師に相談することをおすすめします。

□漢方の保存方法について

漢方は天然素材から作られており、吸湿性が非常に高いです。
そのため、湿度の高い場所や開封した状態での保存は適していません。
実は、漢方薬を保存する場所として冷蔵庫がおすすめなのです。
なぜなら、冷蔵庫内は温度が一定であり結露が起こりにくく、また湿度も低いためです。
冷蔵庫で漢方を保存する際は、温度変化を防ぐために、扉の開け閉めはできるだけ控えましょう。

□保存の際の注意点

漢方を保存する際は、ペットやお子様が誤飲しないように、手の届かない場所に保存しましょう。
品質保持と誤用を避けるため、容器の移し替えはしないほうが良いです。
また、高温多湿の場所に長時間放置してしまった場合、薬効の減退や変質が起こる可能性があるため、処分することをおすすめします。

□まとめ

今回は漢方の保存期間と保存方法についてご紹介しました。
処方される漢方は飲む期間が定められており、その期間内に飲み終えることを前提としています。
そのため、症状が改善されても薬は飲み切るようにしましょう。
保存期間を過ぎてしまったり、湿気を吸ってしまったりした漢方は変質している可能性があるため、服用を避けてください。
また、保存する際は冷蔵庫などの湿度の低い冷暗所に保存してくださいね。
不妊症でお悩みの際はお気軽にご相談ください。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応