Now Loading...

不妊症にお悩みの方へ|漢方の選び方をご紹介します。

「不妊治療に漢方を取り入れたいけど、どの漢方を選べばいいのかわからない」
そのようにお悩みの方はいませんか?
漢方は症状や体質に合わせて処方するため、たくさんの種類があります。
不妊治療にも様々な症状があるため、どれを選べばいいかわからないと悩む方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、不妊の症状に対する漢方の選び方をご紹介します。

□生理不順やストレス、ホルモンバランスの乱れ

生理不順や排卵不順といった症状は、不妊症の大きな原因の一つです。
これらはストレスや不規則な生活などの影響で、ホルモンバランスが乱れることによって引き起こされます。
また、これらの症状があらわれている方は血液不足や血液が滞った状態になっている場合があるため、月経困難症を併発している恐れもあります。

このような症状には以下の漢方薬が効果的なため、選ぶ際の参考にしてみてください。

*当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

体力がなく、冷え性で貧血気味の方に向いています。
血液不足を改善する代表的な薬です。

*温経湯(うんけいとう)

血行をよくして体を温める作用があります。
また、血液が滞ることによるほてりを取り、ホルモンバランスを整える効果も期待できます。

*加味逍遥散(かみしょうようさん)

ほてりを取り、自律神経の調子を整える効果があります。
いらだちなど、精神が不安定になった状態の改善が期待できる漢方薬です。

*選び方について

漢方を選ぶ際は医師の診断を受けてから、薬剤師に処方してもらうようにしましょう。
現在服用している漢方が合わないと感じる場合は自己判断ではなく、かかっている医師に相談することをおすすめします。

□男性不妊に効く漢方薬

不妊症の症状は女性だけではなく、男性にもあらわれます。
男性の不妊症の原因の多くは、精子の濃度や量、運動率の悪さなど、精子を作り出す機能の低下によるものです。
これらの症状も漢方で改善できます。

*補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

虚弱体質の改善や疲労感に効果があります。
男性不妊においては、精子運動率の低下の改善が期待できます。

*八味地黄丸(はちみじおうがん)

性欲の低下など、倦怠感に効果があります。
また、精子の運動率の改善も期待できます。

□まとめ

今回は不妊治療に効果的な漢方薬の選び方についてご紹介しました
漢方は体質や症状に合わせたものを服用することが効果的ですから、この記事を参考に自分に合った漢方を選んでみてくださいね。
不妊症にお悩みの方はぜひご相談ください。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応