Now Loading...

漢方で不妊治療をお考えの方必見|PCOSへのアプローチとは

「PCOSのメカニズムが知りたい。」
「漢方でPCOSは治るのだろうか。」
そのようにお悩みの方はいませんか?
月経不順や無月経の症状で婦人科を受診した際、PCOSであると診断された方もいらっしゃるでしょう。
PCOSは不妊症の原因の一つでもあるため、根本的に治療したいですよね。
そのようなときには漢方薬が有効です。
そこで今回は、PCOSのメカニズムと、漢方によるアプローチについてご紹介します。

□PCOSのメカニズム

PCOSとは多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)のことで、排卵障害の一つです。
排卵が正常だと、卵巣内では複数の卵胞が成長し、その中から一つだけ質の良い卵胞が成熟し、排卵されます。
しかし、PCOSだと卵巣内でいくつもの卵胞が溜まり、なかなか排卵できていない状態になってしまいます。
卵胞内も水を含んで「嚢胞状」になっており、成熟しづらくなってしまうのです。

□PCOSの症状

*月経不順や無月経

PCOSの症状の一つに、スムーズな排卵ができないことがあげられます。
そのため自覚症状で多いのは月経周期の異常や血液量の急激な増加、あるいは低減などの月経不順や、月経の訪れない無月経などがあげられます。
排卵しにくいですが、排卵の際に排卵痛などの体調不良が生じることもあります。

*不正性器出血

排卵がうまくいかないことにより、不正性器出血が起こる場合があります。

*不妊

正常に排卵されないため、妊娠もしにくくなってしまいます。
不妊治療のために検査を行うとPCOSだった、というケースもあります。

□PCOSに対する漢方でのアプローチ

PCOSの診断にはエコー検査やホルモン値の測定が必要です。
そのため、漢方の古典にPCOSに対する考え方はありませんが、一つ一つの症状に対処していくことによってアプローチできます。
一般的には排卵期は気血(生気と血液)の巡りが活発になることで排卵を促しますが、PCOSの場合は何らかの理由で気血の巡りが悪く排卵できない状態です。
また、腎虚といって免疫機能や内分泌機能も落ちています。
そのため、気血の巡りを改善する漢方や、卵胞の発育を促す補腎薬を用います。
これらは症状や体質に合わせて処方されます。

□まとめ

今回はPCOSのメカニズムと症状、漢方によるアプローチをご紹介しました。
無月経や月経異常、不正出血に悩まれている場合、PCOSの可能性もありますので婦人科への早めの受診をおすすめします。
漢方は体質に合ったものを飲むことが一番ですから、PCOSの治療に漢方を取り入れたいとお考えの方は医師や薬剤師に相談してはいかがでしょうか。
漢方での不妊治療をお考えの方はぜひ当社にご相談ください。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応