Now Loading...

漢方薬で不妊治療、飲む期間はどれくらい?目安を紹介します。

「不妊治療に漢方を取り入れたいけど、どれくらいの期間飲まなければいけないのだろう。」
「漢方で体質改善をしたいけれど

、効いている実感がない。飲む期間の目安がわからない。」
そのようにお悩みの方はいませんか?
そこで今回は、漢方を飲む期間の目安についてご紹介します。

□飲む期間の目安について

*症状によって様々です

漢方は個人の体調や体質、症状に合わせた処方をするため、飲む期間も人によって異なります。
例えば、風邪や腹痛など軽度な症状の場合は、数日で効果の出るものもあります。
しかし、不妊治療や体質改善を目指して飲む場合、長期間の服用が必要ですから、すぐには効果を実感できません。
服用期間の目安としては、長期服用が必要なもので三カ月から一年です。
長期間の服用をする際には医師の診察が必要です。
そのため、不妊治療に漢方を取り入れたい場合は専門機関を受診しましょう。

*漢方薬の出し方

不妊症治療に漢方薬を用いる場合、服用期間はそれぞれの不妊の原因によって変わります。
根本的な改善が必要ない方は短期間で妊娠できますが、様々な要因が重なっている方や体のバランスを崩されている方の場合、ゆっくりと体のバランスを整える必要があります。
そのため、三カ月と比較的短期間で治療を終えられる方もいれば、一年間ほど漢方薬を飲み続ける方もいます。
最初の段階では体質や症状にぴったりの漢方を調合することは難しいため、一か月ほど続けて飲み、体調や改善のされ方を見ることで調整していきます。

*飲み終わるタイミング

漢方薬での治療の最終目標は治療終了です。
漢方には、人間の体には本来自己治癒力が備わっており、体のバランスが崩れることで、それが機能しなくなり、不調が症状となってあらわれるという考え方があります。
そのため、漢方薬を飲むということはあくまでも一時的な補助であり、本来の自然治癒力を引き出すことを目的としています。
そのため、漢方薬を飲み終わるときは体質が改善され、妊娠に至ったときです。
しかし、自己判断で漢方薬をやめて医師にもかからなかった場合、副作用などに対応できない場合があるため、漢方薬を飲むことをやめるかどうかは医師や薬剤師と相談して決めることをおすすめします。

□まとめ

今回は漢方を飲む期間の目安についてご紹介しました。
漢方薬での不妊治療は体質を改善するため時間がかかりますが、その分効果的ですから、一度検討してみてはいかがでしょうか。
漢方による不妊治療についてお悩みの方はぜひ当社までご連絡ください。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応