Now Loading...

不妊治療中の方へ!漢方薬を保存期間や保存方法とは!?

「開封した漢方薬の保存方法がわからない」
「漢方薬を開封してから時間が経つけど、服用しても大丈夫かな?」
このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか?
漢方薬も他の薬と同じで、使用期限があります。
そのため、いつまでも安全に服用できる保証はありません。
また、漢方薬も薬のため、使用期限を把握しておかないと、副作用が出る可能性もあります。
そこで今回は、不妊治療中の方へ、漢方薬の保存期間を解説します。

 

□未開封の漢方薬の使用期限は5年

未開封の漢方薬の使用期限は5年のものが多いです。
しかし、未開封の状態であること、湿度や光、温度面でしっかり管理された環境に置かれた場合の使用期限です。
冷蔵庫に保管すべき漢方薬を外に出している場合は、品質が変化している可能性が高いため処分しましょう。
また、明らかな変色や変形した漢方薬は安全性が保証できないため、処分しましょう。

 

□漢方薬の保存期間を延ばす方法

漢方薬は天然成分で作られています。
そのため、漢方薬は品質が低下しやすいです。
品質低下を防ぐには、直射日光を避け、冷暗所で保管しましょう。
顆粒のエキス剤は湿気のない場所で保管しましょう。
また、小さい子供がいらっしゃる場合は、誤って飲まないように手が届かないところで保管しましょう。

 

□漢方薬の適切な保存方法

不妊治療に効果的な漢方薬は、代表として当帰芍薬散や香蘇散、半夏厚朴湯、補中益気湯、八味地黄丸です。
当帰芍薬散や香蘇散、半夏厚朴湯は女性用、補中益気湯と八味地黄丸は男性用です。
これらを保存するときのポイントは以下の5点です。

*光、湿度を避ける

漢方薬は生薬で構成されています。
直射日光の当たらない、湿気が少なく、涼しいところに保管しましょう。

*子供が誤って服用しないところに置く

健康状態の方が服用すると、副作用により体調を崩す可能性があります。
小さな子供がいらっしゃる家庭では、手の届かないところで保管しましょう。

*1包を分割した残りを風供養する場合、袋の口を閉じ、2日以内に服用

空気にさらされるほど品質が低下するため、密封状態にする工夫をしましょう。

*製品により、色が少し変化することがある

漢方薬は生薬で構成されているため、色が少し変化することがあります。
製品によっては、効果に影響しないため、安心して服用できます。
しかし、心配な方は処方してもらった病院などに相談しましょう。

*使用期限を過ぎたものは処分しましょう

品質が保証できないため、服用しないでください。

 

□まとめ

今回は、漢方薬の保存期間と適切な保存方法についてご紹介しました。
不妊治療に漢方薬は効果的ですが、品質が低いものを服用すると逆効果になる可能性があります。
この記事を参考に、漢方薬を適切に保存しましょう。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応