Now Loading...

不妊症で悩んでいる方へ!漢方と鍼灸を併用する治療方法とは?

「できるだけ自然妊娠で子供を授かりたい」
「2人目の子供が長い間できない」
「基礎体温を安定させたい」
このようなお悩みを抱いていらっしゃいませんか?
不妊症で悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。
そのため、さまざまな不妊治療が研究されています。
その中でも、漢方と鍼灸を併用する方法が不妊症に効果的です。
漢方は体の内側から、鍼灸は体の外側から治療します。
さらに、漢方と鍼灸は相補性があります。
そこで今回は、漢方と鍼灸を併用して、不妊症を治療するメリットを紹介します。

 

□漢方薬は、体の内側の健康状態と体質を改善する薬

漢方は中国の医学を日本人の体質に合わせて、改良を加えたものです。
漢方はヒトが生きていくために必要な体のエネルギー、血液、水分に焦点を当てて、さまざまな生薬を混ぜて作られています。
この3つの成分のバランスが整うことで、ヒトに本来備わっている治癒力を取り戻します。
しかし、漢方も薬のため、必ず摂取量や服用のタイミングを専門家に相談して、服用しましょう。

 

□漢方と鍼灸を併用するメリット

鍼灸は不妊治療において、一般的に効果を感じることが遅いと言われています。
そのため、ストレスを感じやすく、妊活に悪影響を及ぼします。
しかし、漢方を服用することで、リラックス効果を高めて改善できます。
また、卵巣機能が高まるため、卵子の質の向上につながります。
卵巣機能が低下すると、ホルモンのバランスが不安定になり、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌不足になります。
多量の出血を伴ったり、長い間出血が続くこともあり、視床下部に負荷がかかります。
そのため、漢方薬を服用して、元気な体を取り戻しましょう。

 

□体外受精をしても妊娠できなかった方へ

実は、体外受精を5回以上しても妊娠できなかった方が、鍼灸と漢方を併用する治療を始めて妊娠できたデータがあります。
それほど、精神面が妊娠において、重要な役割を担っています。
体外受精は腎機能も重要で、鍼灸で「腎精」を補う治療を施し、自然妊娠につながる場合もあります。

 

□まとめ

今回は、漢方と鍼灸で不妊症を治療するメリットを紹介しました。
漢方と鍼灸を併用する効果はとても高いです。
不妊治療は原因不明なこともあり、パートナーとともに、精神的にも肉体的にも疲れやすくなります。
そのため、不妊治療は夫婦で助け合うことが重要です。
この記事を参考に、漢方と鍼灸を併用して、不妊治療することを検討してみてはいかがですか。
何か不妊に関してお悩みがあれば、お気軽に当社までご相談ください。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応