Now Loading...

不妊症の原因の1つであるPCOSを漢方で治療しよう!

「PCOSって何?」
「PCOSの症状を具体的に知りたい」
「PCOSに効果的な漢方薬を知りたい」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
実は、不妊症の10〜20%はPCOSであると言われています。
PCOSの原因が理解できると、不妊症を改善できる可能性はグッとあがります。
そこで今回は、PCOSと漢方薬で治療する方法を解説します。

 

□PCOSとは?

多嚢胞性卵巣症候群の略称で、若い女性によく起こる症状です。
およそ5〜10%の方に生じます。
卵巣に卵細胞があり、およそ月に1つずつ成熟し、排卵します。
通常、卵細胞は卵胞に包まれて大きくなり、卵胞が破裂して排卵します。
しかし、PCOSの方はある程度の大きさまで成熟しても、卵巣に小さな卵胞が詰まって排卵しにくくなっています。
月経異常や不妊の主な原因として重要な病気で、子宮体がんのリスクが高くなるため、放置すると危険です。

 

□具体的な症状

PCOSの主な症状は以下の4つです。
・黄体ホルモンが充分に分泌されず、経血量が異常に多い、止まらない
・月経不順や無月経
・排卵させようとすることで、多毛、低音性、顔が荒れる
・妊娠しにくい体になる

 

□検査方法

PCOSは超音波を使って検査します。
PCOSだと診断される基準は、卵巣に卵胞が10個ほど集まったネックレスサインが見つかる場合です。
ネックレスサインのある場所は卵巣表面が硬くなり、充分な排卵ができません。

 

□原因

PCOSは以下の2つが原因と考えられています。

*内分泌の異常

卵巣は黄体化ホルモンと卵胞刺激ホルモンの働きによって成熟します。
通常、この2つのバランスがうまく取れています。
しかし、PCOSの方は黄体化ホルモンが過剰に分泌され、卵胞刺激ホルモンとのバランスが崩れ、排卵がうまく行われなくなります。
排卵できないと、さらに黄体化ホルモンの分泌が促され、さらに悪化します。
肥満の方は、深刻な症状になりやすいため、生活習慣を改善しましょう。

*糖代謝の異常

排卵しにくい原因は、インスリンが増加し、糖代謝が活発になることで男性ホルモンが増加するからだと言われています。

 

□効果的な漢方薬は?

効果的な漢方薬の1つに、温経湯(うんけいとう)が挙げられます。
温経湯は月経異常や不妊に悩む方によく使われます。
末端冷え性や温疹の方に効果的です。
月経異常がもたらす全身の健康状態を改善し、排卵を誘発する効果が期待されます。
また、インスリン濃度が異常に高ければ、糖尿病を治療する柴苓湯(さいれいとう)や桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)がおすすめです。

 

□まとめ

今回はPCOSと漢方薬で治療する方法を解説しました。
PCOSは重症化するとがんの原因にもなるため、一度検査してみてはいかがでしょうか。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応