Now Loading...

月経不順のメカニズムと不妊治療に効果的な漢方薬で解決!

「どうして月経不順が起こるの?」
「不妊と月経不順はどう関係するの?」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
生活習慣や環境の変化に伴って、生理で悩みを抱える女性は多いと思います。
生理痛がひどい、情緒不安定である、冷え、便秘の方は、漢方薬はおすすめです。
そこで今回は、月経不順のメカニズムの説明と、月経不順を伴った方の不妊治療に効果的な漢方薬を紹介します。

 

□月経不順が起こる仕組み

月経不順とは、生理の期間や周期が長すぎたり、短すぎたりして安定しない状態を指します。
ホルモンのバランスが乱れることが原因です。
軽い症状だと、「誰もが起こることである」と考える方がいます。
しかし、軽い症状でも、放置するとさまざまな症状を引き起こし、妊娠しにくい体になります。
不妊以外の具体的な症状の例として、肩こりや肌荒れ、頭痛や骨粗鬆症が挙げられます。
抱え込むのではなく、正しい知識を持ち、しっかり向き合うことが重要です。

 

□生理が3ヶ月以上こないことがある

半年以上、生理がこない方もいらっしゃいます。
経血の量が少なく、色も良くない場合は血液と栄養が不足しています。
血液は全身に栄養を運ぶ役割をしているため、欠けてはいけません。
十分な量の食事が取れていないことや、偏った食生活が原因です。
また、運動不足により、生命エネルギーが不足して、血の巡りが良くないことも考えられます。
食生活を中心に、生活習慣を改善しましょう。
効果的な漢方薬は、四物湯(しもつとう)、十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)です。
服装や食生活が原因で冷える場合は、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)が効果的です。
生活習慣や環境の変化が原因で長期間体調不良になり、冷える場合は八味地黄丸(はちみじおうがん)が効果的です。

 

□生理周期がとても短く、20日ほどで来る

生理痛はそれほど重くないが経血量が多い場合、生命エネルギーが不足している可能性が高いです。
必要なものを体外に出さないようにコントロールする機能が低下すると、生理周期が早まります。
食欲不振や息切れしやすい、疲れやすいといった症状を伴うことがあります。
この場合は、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)が効果的です。
よく眠れなかったり、頭がぼーっとする場合は帰脾湯(きひとう)が効果的です。
精神的なストレスや、偏った栄養バランスを送っている場合、温清飲(うんせいいん)が効果的です。
長期的な体調不良で陰血が消耗した場合、温清飲の代わりに三物黄芩湯(さんもつおうごうんとう)が生理を安定させる効果的な漢方薬です。

 

□まとめ

今回は月経不順のメカニズムの説明と、月経不順を伴った方の不妊治療に効果的な漢方薬を紹介しました。
月経不順でも様々な症状があり、それぞれに効果的な改善方法があります。
そのため、婦人科で相談し、自分の状態を把握することをおすすめします。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応