Now Loading...

不妊に効く漢方の選び方とは?不妊の症状と漢方の効果を知ろう

「不妊に効く漢方薬にはどんな種類があるんだろう?」
「どんな漢方を選んだらいいんだろう?」
不妊治療に用いられる漢方薬にはどのような効果があるのか詳しく知らない方や漢方の選び方について悩まれる方も多いかと思います。
そこで今回は、不妊の症状に対する漢方の選び方について解説します。

 

□漢方の選び方

どの漢方が選ぶ際には、不妊の症状に対する理解が重要です。
不妊のそれぞれの症状とそれに対して効果的な漢方薬を紹介していきます。

 

*排卵障害

排卵障害は、排卵を自分の力で起こすのが困難な状態です。
ストレス・喫煙・血行不良などが原因となる場合があります。
血行が良くなると妊娠率が高くなることが明らかになっています。
裏を返すと、血液の循環が悪いと妊娠しにくくなります。
冷え性やホルモンバランスの乱れなどの根本的な原因は、血の巡りが悪いことです。
また、血流が悪いと子宮に血液が流れ込みにくくなります。
血液は酸素や栄養を運ぶので、血液の循環が悪くなると子宮の環境が悪くなり、不妊につながります。
そこで、排卵障害には血液の流れを良くする漢方薬が効果的です。
よく用いられるのは桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)や当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)です。
これらは、血液循環が悪いことからくる、冷え・ホルモンバランスの乱れ・月経不順などを改善する効果があります。

 

*着床障害

着床障害は子宮に原因があり、着床しにくいものです。
子宮内膜症や黄体ホルモンの分泌が不十分などの原因がありますが、着床のメカニズムの全てが解明されているわけではありません。
黄体ホルモンの分泌が不十分な場合の原因として考えられるのは、ストレスによる自律神経の乱れなどです。
直接的な原因がわかっている場合は、その他の治療と漢方を併用することをおすすめします。
また、直接的な原因が分からない場合、体調・体質を改善していく必要があります。
香蘇散(こうそさん)などの過剰なストレスを改善してくれる漢方薬が効果的です。

 

*男性側にも原因がある場合

不妊には男性側にも原因がある場合があります。
具体的な対策としては、精子の数や運動率を高める必要があります。
補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は精子の数を増やしたり、運動率を高めたりする効果があるので、男性側に不妊の原因がある場合に選ばれる漢方薬です。

 

□まとめ

以上、不妊の症状に対する漢方の選び方ついてご紹介しました。
不妊治療には症状に合わせた漢方薬の選択が必要です。
当社では、しっかりとお客様の悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、お客様一人一人に合った漢方薬を提案することが可能です。

漢方の葵堂薬局は、開業以来20年、延べ20万人以上の方の不妊のお悩みをお聞きしてきました。しっかりとお悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、一人一人に合ったご提案をさせていただきます。お一人で悩まずに、不妊、二人目不妊、男性不妊のお悩みをお聞かせください。無料 漢方不妊カウンセリングはこちから

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応