Now Loading...

漢方薬の保存期間を知っていますか?不妊治療に漢方薬を考えている方へ

「不妊治療に漢方薬を考えているけど、どのくらいが保存期間の目安なんだろう?」
「漢方薬の保存期間や適切な保存の仕方について詳しく知りたい!」
漢方薬の保存期間についてあまり詳しく知らない方も多いかと思います。
そこで今回は、漢方薬の保存期間と適切な保存方法について解説します。

 

□漢方薬の保存期間

漢方薬の一般的な保存期間は3〜5年とされています。
粉末状の漢方薬の保存期間の目安は、室温に保存して、1ヶ月程度です。
漢方薬は、瓶詰め・分包・アルミシートなどの分装があります。
アルミシートの分包紙で開封していない場合、3〜5年程度が保存期間の目安となります。
しかし、漢方薬は一人一人の症状や体質に合わせて処方されます。
時間が経つと、症状や体質は処方された当初とは変わってくるでしょう。
そのため、処方された漢方薬を飲みきれずに余っても、余ったものをそのまま服用するのは避けた方がいいです。

 

□適切な保存方法

保存期間は保存方法によって左右されます。
保存する際の温度は、常温で問題ありません。
しかし、未開封の場合でも開封後でも湿気に気をつけましょう。
湿気によって微生物が活性化し、劣化の原因となります。
また、漢方薬の保存期間の目安は未開封の場合のものとなっています。
そこで、漢方薬の品質を保つための保存方法をいくつか紹介します。

 

*別の容器に入れ替えないこと

品質を保つために元の容器をそのまま利用するようにしましょう。
また、別の容器に入れ替えることで、誤って服用してしまうことも防ぐことができます。

 

*瓶詰めの場合、瓶の栓をしっかりと閉める

開け閉めが多くなる瓶詰めの場合、栓をしっかり閉めることで長く品質が保たれます。
空気に触れることで劣化が早くなります。
服用する際は、栓をしっかりと閉めることを心がけましょう。

 

*1包の残りを保管後に服用する場合

1包の残りを服用する際は、袋の口をしっかりと折り返し、密閉して保管しましょう。
一度開封してしまうと、空気に触れることで劣化が早まります。
また開封から2日ほど過ぎた時は、その漢方薬の服用を避けることをおすすめします。

 

□まとめ

以上、漢方薬の保存期間ついてご紹介しました。
漢方薬の保存期間は未開封の場合のものです。
適切な保存方法によって保存期間は左右されるので、適切に保存しましょう。

漢方の葵堂薬局は、開業以来20年、延べ20万人以上の方の不妊のお悩みをお聞きしてきました。しっかりとお悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、一人一人に合ったご提案をさせていただきます。お一人で悩まずに、不妊、二人目不妊、男性不妊のお悩みをお聞かせください。無料 漢方不妊カウンセリングはこちから

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応