Now Loading...

不妊治療には体質改善が大事?漢方を併用するメリット

「一人目は順調だったけど、二人目がなかなか宿ってくれない・・・」
「不妊に対して、漢方を服用することのメリットってなんだろう?」
このような悩みや疑問を抱えている方はいませんか?
不妊は大きなストレスの原因となりますよね。
漢方をその他の治療と併用して服用することには大きなメリットがあります。
そこで今回は、鍼灸治療やその他病院での不妊治療と併用して漢方を服用するメリットについて解説します。

 

□鍼灸治療と漢方治療

 

*鍼灸治療

鍼灸(しんきゅう)は、金属製の針や艾(もぐさ)を用いてツボに刺激を与える治療方法です。
肩こりや腰痛などの治療に用いられるイメージがありますが、不妊治療としても行われます。
卵巣のツボやホルモンバランスを調整するツボに鍼灸を行うことで、卵巣機能を安定させることができます。

 

*漢方治療

漢方治療の考え方は、病気の原因となる部分を直接治療するのではなく、個人に合わせた処方で、体全体の健康を整えて症状を改善していくというものです。
漢方はその種類によって、ストレスや疲労、血行、体内の水分、冷え性などに対して幅広い効能があります。
これは「卵子の質の向上や子宮の内膜を厚くする・子宮を温める」など妊娠しやすい体を作る手助けとなります。
妊娠において、体重や血行、栄養状態など、体全体の健康は非常に重要です。
個人にあった漢方を服用することで、不妊治療の効果が期待できます。

 

□その他の治療と併用して漢方を服用するメリット

上述のように漢方治療は、体全体の健康・自然治癒力を高めて妊娠力の向上につなげるといった治療方法です。
不妊に対して焦点を当てて直接治療するわけではなく、体質を改善することで、妊娠しやすい体を作るといったアプローチです。
そのため、鍼灸治療や他の不妊治療との相性がいいです。
妊娠しやすい体を作りながら不妊に対しての直接的な治療を行うことで、お互いの効果を高め合うことが期待できます。
漢方はゆっくりと時間をかけて体質を改善し、妊娠しやすい体にしていくものです。
ある程度の期間が必要なので早めに漢方治療を行うことをおすすめします。

 

□まとめ

以上、鍼灸治療やその他病院での不妊治療と併用して漢方を服用するメリットについてご紹介しました。
漢方は体質を改善し、妊娠しやすい体を作るのをサポートしてくれるものです。

漢方の葵堂薬局は、開業以来20年、延べ20万人以上の方の不妊のお悩みをお聞きしてきました。しっかりとお悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、一人一人に合ったご提案をさせていただきます。お一人で悩まずに、不妊、二人目不妊、男性不妊のお悩みをお聞かせください。無料 漢方不妊カウンセリングはこちから

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応