Now Loading...

不妊に効く漢方って何があるの?おすすめをご紹介!

「不妊治療に漢方を取り入れてみたいな。」
「どの漢方を選べば良いか分からない。」
不妊治療には漢方の併用がおすすめです。
しかし、どの漢方を使用すればよいか迷われる方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、不妊治療に効く漢方をご紹介します。

 

□不妊治療に効く漢方

早速、不妊治療に効く漢方をご紹介します。

 

*当帰芍薬散

 

当帰芍薬散は不妊治療でよく併用される漢方です。
具体的な効果には、ホルモンの増加や体調の回復があります。
不妊治療をする中で体調を崩したり、顔色を悪くしたりする方は多いです。
そのようなときは、この漢方を併用して体調を回復させましょう。
体調だけではなく、妊娠にはホルモンの数が重要です。
たくさんのホルモンを蓄えている方が妊娠の確率も上がります。
この漢方を併用することで、十分な数のホルモンを蓄えましょう。
また、この漢方はクロミフェンという薬と併用することで効果が増します。
排出する卵子の数や質が良くなるのです。
そのため、卵子が原因で悩んでいる方にもよく効くでしょう。

 

*補中益気湯

この漢方は主に体調を回復する効果があります。
不妊治療の薬には副作用を伴うものもあります。
気力が湧かなかったり、全身に力が入らなかったりする際にはこの漢方を併用してください。

 

*温経湯

 

この漢方は血液の循環を良くします。
妊娠を控えている女性で多いのは貧血の方です。
生理や排卵を重ねることで体の中で血が不足しているのです。
この漢方を併用することで血の循環や質が良くなるでしょう。
冷え性や頭痛が続いている方は試してみてください。

 

*芍薬甘草湯

 

この漢方は肝の調子を整えてくれます。
不妊治療でストレスが溜まると肝の調子が不安定になります。
その結果、不眠症や顔がはれたりしてしまいます。
夜によく眠れないという方によく効くでしょう。

 

*桂枝茯苓丸

この漢方は血の流れを良くする漢方です。貧血による肩こりや冷え性で悩む方は多いです。そのまま放っておくと妊娠の確率も下がります。そのため、体調が優れない方におすすめです。

□まとめ

以上、不妊治療に効く漢方をご紹介しました。漢方の種類によって効果は全く異なります。自分の体調や悩みと合ったものを選んでみてください。また、漢方が効くまでには時間がかかります。一度だけの併用ではなく、複数回に分けて試す必要があることに注意しましょう。

漢方の葵堂薬局は、開業以来20年、延べ20万人以上の方の不妊のお悩みをお聞きしてきました。しっかりとお悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、一人一人に合ったご提案をさせていただきます。お一人で悩まずに、不妊、二人目不妊、男性不妊のお悩みをお聞かせください。無料 漢方不妊カウンセリングはこちから

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応