Now Loading...

漢方の保存期間ってどのくらい?不妊でお悩みの方必見です!

「不妊治療で漢方を使いたいけど、保存期間が分からない。」
「漢方の保存期間について知りたいな。」
不妊治療で漢方を併用する方はとても多いです。
しかし、漢方は長期間使用します。
保存期間がどれくらいか気になる方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、漢方の保存期間についてご紹介します。

 

□漢方の保存期間

 

早速、漢方の保存期間をご紹介します。
漢方をはじめとした薬は多くの場合、3年から5年保存できます。
しかし、これは袋を開けていない場合です。
漢方を使用する場合は、複数回に分けて使用すると思います。
そのため、実際の保存期間は粉状のもので3か月から5ヶ月になります。
錠剤の形をしたものの場合、半年から1年の間、保存が可能です。
漢方は保存期限が過ぎると変色や変形をすることがあります。
もし使用すると、体に悪影響を及ぼす可能性があります。
保存期限が過ぎたものは使用しないようにしましょう。
また、医師からの指示がある場合には、そちらに従うようにしましょう。

 

□漢方の保管方法

漢方は適切な方法で保管することで保存期間を延ばせます。
どのように保管すれば良いのかを紹介します。

*温度を調節する

 

漢方を保管するうえで温度は重要です。
もし、高い温度の場所で保管すると、変色を起こしてしまいます。
また、低い温度の場所では漢方が凍ってしまいます。
保管する際には、15度前後の温度に調整して保管してください。
温度が適切であれば、同じ漢方でも長い間使用できるでしょう。

 

*容器を入れ替えない

 

漢方の量が多い場合、別の容器に入れ替えたいですよね。
しかし、漢方を別の容器に入れ替えることはとても危険です。
他のものと混ざってしまうので効き目が薄くなるかもしれません。
また、別の薬を入れてあった容器の場合、注意が必要です。
そのまま使用すると体に悪影響を及ぼすかもしれません。
一度で使い切れない場合でも同じ容器で使い切るようにしましょう。

 

*日光の当たらないところに置く

 

保管する容器だけではなく、場所にも注意が必要です。
漢方を保管する際には直射日光の当たらないところにしましょう。
漢方が急に高温になるのでとても危険です。
保存期間が短くなるので注意してください。

 

□まとめ

 

以上、漢方の保存期間についてご紹介しました。
漢方は保存期間が決まっていますが、保存の仕方によっては長く使用できます。

漢方の葵堂薬局は、開業以来20年、延べ20万人以上の方の不妊のお悩みをお聞きしてきました。しっかりとお悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、一人一人に合ったご提案をさせていただきます。お一人で悩まずに、不妊、二人目不妊、男性不妊のお悩みをお聞かせください。無料 漢方不妊カウンセリングはこちから

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応