Now Loading...

不妊の方必見!月経不順の症状と治療に最適な漢方とは?

「不妊の原因に月経不順があるって聞いたけど、どんな症状なの?」
「漢方で治療ができるらしいけど、本当かな?」
不妊治療をしている方の多くに月経不順の疑いがあることをご存じでしょうか?
詳しく症状を知らない方も多いと思います。
そこで今回は、月経不順の症状と漢方での治療法についてご紹介します。

 

□月経不順とは

早速、月経不順の症状について解説します。

月経不順とは、生理のタイミングが不規則になることです。
通常、生理は25日から38日に1回発生します。
しかし、月経不順になるとこの周期よりも早く生理が来たり、逆に遅く来たりします。
主な原因は日常のストレスや生活習慣の乱れです。
特に、不妊治療を続けている方だと、なかなか治療の効果が出ないことでストレスを感じる方が多いです。
月経不順の状態だと妊娠の確率も下がってしまうので、いくつかの対策をする必要があるでしょう。

 

□月経不順の対策

月経不順の対策には様々なものがあります。

ここでは、代表的なものをいくつかご紹介します。

 

*休養を取る

先程も紹介しましたが、月経不順の原因はストレスや疲れです。

そのため、十分な休養を取ることで症状が改善します。
例えば、普段よりも早い時間に睡眠を取ったり、休みに家で休んだりすることがあります。
治療のことを忘れてリラックスをすることが大切です。

 

*血流を整える漢方を飲む

血流を整える漢方を飲むことで、体中の血液のバランスが整えられます。

その結果、通常の周期で整理が発生するのです。
具体的には、当帰芍薬散があります。
この漢方は月経不順だけではなく、冷え性の改善にも役立ちます。
体に十分な血液が補給されるので、月経不順の改善にもつながるでしょう。
他には、桃核承気湯があります。
この漢方は、便秘や冷えのぼせなど、体調を整える効果があります。
体調を崩してしまうと月経不順につながります。
この漢方を飲むことで体調管理の面でも対策が可能でしょう。

 

□まとめ

以上、月経不順の症状と漢方での治療についてご紹介しました。
冒頭でも紹介しましたが、不妊治療の途中で月経不順になる方は多いです。
生活習慣の乱れやストレスが原因でしょう。
しかし、漢方を飲むことで症状を改善できます。
中には月経不順以外の改善につながるものもあるかもしれません。

漢方の葵堂薬局は、開業以来20年、延べ20万人以上の方の不妊のお悩みをお聞きしてきました。しっかりとお悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、一人一人に合ったご提案をさせていただきます。お一人で悩まずに、不妊、二人目不妊、男性不妊のお悩みをお聞かせください。無料 漢方不妊カウンセリングはこちから


■ この記事を書いた人

漢方の葵堂薬局 薬剤師 西岡
薬剤師 西岡 敬三 (登録番号:第242155号)

漢方の葵堂薬局 (薬局許可番号:第12A00006号)
大阪府堺市東区日置荘西町4丁36-7
厚生労働省薬剤師資格確認検索

お電話でもご質問を承っています

0120-789-301 10:00〜19:00(日祝 休み)

0120-789-301

24時間365日対応