Now Loading...

無排卵の症状や治療に最適な漢方とは?不妊で悩んでいる方必見です!

「不妊の原因に無排卵が多いって聞いたけど、どんな症状なの?」
「具体的な対策と漢方での治療法を知りたい。」
不妊の原因に無排卵があるってご存じですか?
具体的な症状や対策について知りたい方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、不妊で悩んでいる方必見、無排卵の症状と漢方での治療法をご紹介します。

 

□無排卵とは

早速、無排卵の症状についてご紹介します。
無排卵とはその名の通り排卵が起きない症状のことです。
排卵で発生する卵子は妊娠するうえでとても重要です。
そのため、不妊の原因として多くあげられます。
また、無排卵には卵巣が原因の場合と生活習慣が原因のものがあります。
それぞれ対策が違うので注意しましょう。

 

□漢方での対策

 

無排卵には様々な原因や対策があります。
ここでは代表的なものを紹介します。

 

*疲れが溜まっている場合

 

不妊の治療をする中で疲れがたまったり、ストレスを感じてしまったりすることがあります。
それが積み重なって無排卵になることがあるのです。
このような場合は、人参養栄湯がおすすめです。
この漢方は、体の調子を整えたり、エネルギーを補給したりしてくれます。
少し疲れが溜まっていると感じたらこの漢方が良いでしょう。

 

*血液が不足している場合

 

肝臓や腎臓が原因で無排卵になることがあります。
肝臓や腎臓には血液が多く溜まります。
その血液が不足することで無排卵になるのです。
このような場合は、体の臓器を休めるのが良いでしょう。
その他には、六味地黄丸という漢方がおすすめです。
この漢方は血流の流れを整えるだけではなく、体に十分な血液を補給してくれます。
そのため、月経のための血液も確保できるでしょう。

 

*血液の流れが悪い場合

 

体の中で血液の流れが悪いと無排卵になってしまいます。
子宮まで血液が流れないので、月経が起きなくなっているのです。
そのため、体中に十分な血液を確保する必要があるでしょう。
このような場合は、通導散という漢方がおすすめです。
この漢方を飲むことで血の流れを整えることができます。
すぐには効果が出ませんが、無排卵も治ってくるでしょう。

 

□まとめ

 

以上、無排卵の症状と漢方での治療法をご紹介しました。
無排卵には様々な原因があります。
そのため、自分の症状に合った漢方を選ぶ必要があるでしょう。

漢方の葵堂薬局は、開業以来20年、延べ20万人以上の方の不妊のお悩みをお聞きしてきました。しっかりとお悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、一人一人に合ったご提案をさせていただきます。お一人で悩まずに、不妊、二人目不妊、男性不妊のお悩みをお聞かせください。無料 漢方不妊カウンセリングはこちから

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応