Now Loading...

不妊治療に+αを|不妊治療の漢方の選び方を簡単にする魔法「モノサシ」

「不妊治療に漢方を使ってみようかな」と思っている方が、まず最初にぶつかる壁があります。
それが、「漢方が多すぎて、どの漢方を使用したらいいかわからない」という壁です。
漢方は、元々の数が多い上に、2種類以上の生薬を複合することで作られるので、種類はとても多いのです。
だから、漢方を選ぶことは困難なのです。
そこで、この壁を乗り越える解決策「漢方を選ぶためのモノサシ」をご紹介します。

漢方を選ぶためのモノサシ

言い方を換えると、このモノサシは、自分自身を見極める基準です。
この漢方を選ぶためのモノサシは、大きく分けて4つ存在します。
4つのモノサシは、「証」、「気」、「血」、「水」です。
これから一つずつお話しします。

*「証」

その人にもっとも合っていた漢方を導き出すために行われます。
医師が漢方的な診断方法を用いて、診断します。
それが、「証」の「四診」と言われるものです。
「四診」は、「望診(ぼうしん)」、「聞診(ぶんしん)」、「問診(もんしん)」、「切診(せっしん)」です。
・「望診」は、表情や態度、体型をもとに診断します。
・「聞診」は、声の大きさやトーン、咳の出方、口臭を診断します。
・「問診」は、自覚症状やこれまでにかかったことがある病気、月経の様子を診断します。
・「切診」は、体に実際に触れ、脈や腹部(ふくぶ)の状態を診断します。
以上4つが「証」です。
これは、自分一人だけでは、判断が難しいモノサシです。

これから自分自身で判断するモノサシです。

*「気」

気というと、感覚のようで判断が難しく感じます。
ここでは、感覚をしっかりと判断できるようなものを3つお話しします。
それは、「気虚」、「気うつ・気滞」、「気逆」です。
・「気虚」は、無気力や疲労感、食欲不振を抱くことです。
・「気滞」は、頭痛や息苦しさ、お腹の張りを感じることです。
・「気逆」は、のぼせや異常な発汗、不安感を抱くことです。
この3つのうち、感じることが身体の感覚が「気」なのです。
この「気」を漢方を使用し改善することができます。

*「血」

実際に血を見ることはしません。
これも「気」のように判断できるものがあります。
それは、「瘀血(おけつ)」と「血虚」の2つです。
・「瘀血」は、月経異常や便秘、お腹を押すと痛いと感じることです。
・「血虚」は、貧血や皮膚が乾燥している、脱毛があることです。
「血」と考えると難しいですが、この2つに該当するかを考えることにより、血を見ずに、血の調子を知ることができます。
これらに該当すれば、漢方を使用し改善できます。

*「水」

体内の水は、実際に測れません。
では、水をどのように測ればいいのか。
これも「気」や「血」と同じように判断するものがあります。
それは、ただ一つ「水滞(すいたい)」です。
・「水滞」は、むくみやめまい、下痢があることです。
このような症状があれば、漢方を使用し改善できます。

□まとめ

不妊治療で重要なことは健康な状態でいることです。
この健康状態を保つためには、不安や焦りなどのストレスとうまく向き合わなければいけません。

漢方の葵堂薬局は、開業以来20年、延べ20万人以上の方の不妊のお悩みをお聞きしてきました。しっかりとお悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、一人一人に合ったご提案をさせていただきます。お一人で悩まずに、不妊、二人目不妊、男性不妊のお悩みをお聞かせください。無料 漢方不妊カウンセリングはこちから

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応