Now Loading...

不妊治療に+αを!|不妊治療や「鍼灸治療」と「漢方」を併用するメリットとは?_

「私には関係ないと思っていたけれど、今、実際に不妊症で不安を感じている」
「不妊治療を続けているが、結果が出ず、金銭面の問題もあり、日々焦りが増している」
このような不妊症に関するお悩みがある方はいませんか?
実は、不妊治療や「鍼灸治療」と「漢方」を併用することで、不妊症を解消すること、効果が期待できるのです。
そこで、今回は「鍼灸治療」と「漢方」を併用するメリット、不妊症に併用するべき理由をお伝えします。

「鍼灸治療」と「漢方」の働き

*鍼灸治療

鍼灸治療は、鍼(はり)とお灸(きゅう)を使い、身体に多く存在するツボを適切に選定し、刺激することで、本来、人体が持っている自然治癒力を高める効果を期待できる治療法なのです。
鍼(はり)治療は、一人一人にあった長さと太さを選び、人体に刺入します。
この治療により、健康な体づくりの手助けができます。
特定のツボに対して、刺激量を調整することにより、個々に合った効果を得ることができるのです。
お灸は、チネオールという成分を皮膚に浸透させることにより、温室効果を期待でき、血行の流れが良くなるだけでなく、リラックス効果、鎮痛効果も期待できるのです。
つまり、鍼灸治療は、鍼(しん)とお灸(きゅう)の利点を持ち合わせた治療法なのです。
効果としては、痛いと感じることなく、人体が本来持っている自然治癒能力を高めることができ、これに加えて、リラックス効果や不妊治療を解消する効果を期待できるのです。

*漢方

漢方は、様々な効果を持った生薬を複合し、製造された薬なのです。
つまり、一つの漢方で、不妊症に関する症状やいろいろな症状を和らげ、解消する効果を期待できるのです。
症状を解消する効果だけではなく、体の根本から良い方向へ変えていくので、血の流れだけでなく、体の調子を整えることが可能なのです。
また、一人一人の症状の状態や体質に合わせて漢方の製造や選定がされるので、効果がないということは、少ないのです。
しかし、漢方は、即効性があるものとないものが存在するので、注意が必要です。
漢方は、不妊症に対して、適した処方が施され、体のバランスを取りながら治療する方法の一つなのです。

「鍼灸治療」と「漢方」を併用するメリット

「鍼灸治療」と「漢方」は、共通している部分と相乗効果が期待できるところがそれぞれあります。
「漢方」の効果の一つである人体の根元改善と「鍼灸治療」の自然治癒能力の向上により不妊治療が前に進むきっかけになるのです。
一人一人の症状や体質は違うので、それぞれが合った治療法を行うためにも漢方の利点が良い結果に繋がるのです。

まとめ

「鍼灸治療」と「漢方」の併用は、不妊治療の+αになることをご紹介しました。
それぞれの働き、併用するメリットをご説明しましたが、今後、医学の発展によりますます「漢方」と「鍼灸治療」の相乗効果が期待できます。
今回の記事を今後の不妊治療に生かしていただけると幸いです。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応