Now Loading...

妊活中の女性必見|本当に不妊に効く漢方とは!

「不妊治療を頑張っても、なかなか結果が出ない・・・」
このようにお困りの方はいらっしゃいませんか?
根を詰めて不妊治療を行っていると、身体にも心にも負担がかかってしまいます。
ハードな不妊治療に疲れてしまったら、一度身体に優しい漢方の力を頼ってみてはいかがでしょうか。
今回は、不妊治療に効果的な漢方薬の種類についてご紹介します。

 

□どうして不妊治療に漢方薬?

不妊の原因には様々なものが考えられますが、多くの場合は深刻な冷え性などで妊娠しにくい身体であることが原因となっています。
血行不順や冷え性は体質であると思われがちですが、生活習慣によって症状が悪化しているだけであることが多く、基本的に意識すれば改善することができます。
健康的な生活リズム、適度な運動、バランスの良い食事などに気を付けることで、体質はある程度改善されるのです。
しかし毎日忙しい女性は、健康的な生活習慣を意識していても実行できないこともあるでしょう。
そんなときに助けてくれるのが漢方薬です。
漢方薬を服用することで、血行促進や代謝の向上、ストレスの軽減など妊活中の身体にうれしい効果を期待できます。

 

□他の不妊治療との併用でより効果的に

病院などで行われる高度不妊治療は、身体に大きな負担をかけます。
また、高額な治療になるので「なんとしてでも妊娠しなければいけない」というストレスもかかるかもしれません。
せっかく最先端の治療を受けていても、身体がストレスなどで妊娠しにくい状態になっていると効果が半減してしまいます。
漢方薬を服用することで身体を妊娠しやすい状態へ整えることが必要です。

 

□不妊治療に効果的な漢方薬の種類

ここからは、妊娠しやすい身体を作るために効果的であるとされる漢方薬の種類についてご紹介します。

 

*十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)

不妊治療薬としての漢方のベースとなります。
もちろん単独でも服用可能ですが、他の漢方と組み合わせて服用することでより高い効果を期待できるでしょう。

 

*温経湯(ウンケイトウ)

子宮内膜が薄く、毎月の経血量が少ない方や、排卵周期が遅い方におすすめの漢方です。
排卵を促進する効果を期待できます。
体力の低下と身体の冷え、肌荒れなどの症状を改善できるでしょう。

 

*当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

こちらは女性の聖薬とも言われ、妊娠率向上に非常に効果的であるとされています。
もともと貧血気味の方や、様々な理由から虚弱体質になってしまっている方におすすめです。

 

□まとめ

今回は、不妊治療に効果的な漢方薬の種類についてご紹介しました。
漢方薬は種類豊富であることが特徴です。
あなたの悩みを解消して、妊娠へと導いてくれる漢方がきっと見つかることでしょう。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応