Now Loading...

漢方で不妊症改善|漢方薬の選び方を症状別にご紹介します

「不妊治療の一環として漢方を取り入れてみたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
不妊の原因は人それぞれなので、一人ひとりに合った対処法をとる必要があります。
特に漢方は様々な生薬を組み合わせて作られているので、服用する場合は症状を見極めることが大切です。
そこで今回は、不妊のそれぞれの症状に対する漢方の選び方についてご紹介します。

 

□冷えがひどい方へ

冷え性は妊活中の女性にとって大敵ですよね。
つらい冷え性は漢方で緩和することができます。
漢方の身体に優しい成分で症状を改善していきましょう。

 

*桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

冷えが気になる方におすすめなのが、桂枝茯苓丸です。
服用すると、赤血球の状態を整えることができるのです。
そのため更年期障害にお悩みの方以外にも、血行が悪くなって起こる肩こりに悩まされている方や月経が正常でない方、子宮内膜炎が起こっている方が飲んでも効果を実感できる漢方となっています。

 

□ストレスが溜まっている方へ

「些細なことでもイライラする」
「仕事のストレスが溜まっている・・・」
このように、ストレスにお悩みの女性は多いのではないでしょうか。
ストレスが溜まりすぎると、ホルモンバランスが乱れて体調不良を引き起こしやすくなってしまいます。

 

*加味逍遥散(カミショウヨウサン)

イライラが溜まりやすい方やストレスに弱いと感じる方におすすめなのが、加味逍遥散です。
加味逍遥散には数多くの生薬がバランス良く配合されています。
自律神経に作用し、緩やかにホルモンバランスを整えてくれるのです。

 

□虚弱体質・月経不順の方へ

「いつも貧血気味・・・」
「生理がきちんとした周期で来ない・・・」
このような悩みをお持ちの女性は、血液が十分に足りていないか、血の巡りが正常でないかもしれません。
身体が弱っている状態にあるので、妊娠もしにくいでしょう。
健康的な身体に近づける必要があるのです。

 

*当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

こちらの漢方は、血液が足りていない、血液の巡りが悪いといった症状を解消してくれます。
当帰芍薬散は利尿作用や消化吸収力を高める効果もあるので、身体に溜まった余分な水分を取って栄養吸収を促進してくれます。
虚弱体質の方にぴったりな漢方なのです。

 

□まとめ

不妊のそれぞれの症状に対する漢方の選び方についてご紹介しました。
今回ご紹介した漢方は婦人科三大処方と呼ばれている代表的なものです。

漢方の葵堂薬局は、開業以来20年、延べ20万人以上の方の不妊のお悩みをお聞きしてきました。しっかりとお悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、一人一人に合ったご提案をさせていただきます。お一人で悩まずに、不妊、二人目不妊、男性不妊のお悩みをお聞かせください。無料 漢方不妊カウンセリングはこちから

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応