Now Loading...

不妊治療をしている方必見!漢方で無排卵を予防しましょう

「特に体調が悪いわけではないけれど、なぜか妊娠できない・・・」
このようなお悩みをお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。
そのような方は、無排卵である可能性があります。
そこで今回は、無排卵についてご紹介します。

 

□無排卵とは?

排卵がなされていない状態のことを無排卵と言います。
毎日の生活に支障が出ることは、特にありません。
しかし、妊娠したいと考えている女性にとって無排卵が慢性化していることは好ましくありません。
頑張って妊活をしても、卵子が作られていなければ妊娠できないからです。

□無排卵か正常かを判断する方法
生理周期で子宮の健康状態は確認することができます。
しかし、「無排卵月経」というパターンがあることを忘れてはいけません。
生理は来ていても無排卵であることは、十分に考えられるのです。
ここでは、無排卵かどうかを判断する方法をご紹介します。

 

*基礎体温を測る

正しく排卵が行われているかは、基礎体温を測ることで分かります。
月経終了時から一定期間は低い温度で、ある日を境に次の月経が始まるまで高い温度になっている場合は、排卵がきちんと行われていると考えて良いでしょう。
毎日データをとり続けることが大切です。

 

*月経不順は危険大

「無排卵月経」というパターンも十分に考えられるので、月経に関係なく無排卵は起こり得ます。
しかし、月経不順が付随して起こっていることが多いのです。
例えば、生理の周期が早すぎたり遅すぎたり、あるいは周期がバラバラだったりします。
周期が一定でも、生理の期間が長すぎたり短すぎるときも月経不順と考えられます。
このような月経不順の症状が確認できたら、無排卵になりやすい状態にあるのだと認識しておくべきでしょう。

 

□無排卵を改善する漢方

無排卵になる原因には、栄養自体が不足して起こるものと、栄養の流れが滞って起こるものの2種類があります。
どちらも漢方で改善することができます。
虚弱体質の方やダイエットを頑張りすぎた方は、栄養が不足しています。
エネルギーや血を増やす働きのある漢方がおすすめです。
一方、不健康な生活を送っている方やストレスが溜まっている方は、栄養の流れが滞っている可能性が高いです。
血液の流れを整える処方の漢方を服用しましょう。

 

□まとめ

今回は、無排卵についてご紹介しました。
無排卵になってしてしまうと、排卵が困難な身体になってしまう可能性があるのです。
月経不順を確認したら、漢方を服用するなどの対策をとるようにしましょう。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応