Now Loading...

不妊の原因であるPCOSの治療には漢方がおすすめ!

あなたは、PCOSというワードを聞いたことがありますか?
「初めて聞いた!」
「聞いたことはあるけれど、詳しくは知らない」
という方が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、PCOSについてご紹介します。

 

□PCOSってなに?

PCOSとは、多嚢胞性卵巣症候群とも呼ばれる疾患です。
正常な状態なら、毎月1つ卵胞が成熟して排出されます。
しかしPCOSの状態では、出来の悪い卵胞がいくつも作られてしまいます。
しかも、卵巣の皮が厚く硬くなる症状によって、卵巣内にあるたくさんの卵胞が正しく排卵されなくなるのです。
卵巣の中に小さな卵胞がたくさん溜まると、卵巣が腫れ上がってしまいます。
この症状は超音波検査で発見されることが多いのですが、その際に卵巣が重なって真珠のネックレスのように見えます。
実際に体感する症状としては、月経に異常が出てきたり、男性ホルモンが過剰に分泌されることによる多毛、そして肥満が進行することがあります。
PCOSが起こる原因は、遺伝によるものや肥満によるもの、糖質の過剰摂取などが考えられています。

 

□PCOSの治療方法

PCOSには根本的な治療方法はありません。
しかし薬などの服用により、症状を緩和させることはできます。
西洋医学での治療方法と、漢方などの中医学での治療方法がありますが、ここでは西洋医学での治療方法をご紹介します。
妊娠を望まない患者の場合は、低容量ピルなどを服用させて月経が正しいペースで行われるように促します。
これはホルモン剤を使った方法で、ホルモン療法と言われています。
反対に妊娠を希望する患者の場合は、排卵を促します。
クロミフェンの服用や注射療法を用います。

 

□PCOSの治療に効果的な漢方

中医学において、PCOSは排卵期に活発になるはずの血の巡りが悪くなっているために起こると考えられています。
PCOSを改善するためには、排卵を妨げている卵胞の周りの異物を、血の巡りを良くすることによって取り除くことが大切なのです。
また、卵胞が育ちにくくなるのもPCOSの特徴なので、血の巡りを良くするのと同時に卵胞の成長を促すことも重要です。
専用に処方された漢方を服用することで、血の巡りを促したり卵胞の成長を促すことができます。
西洋医学での治療方法に比べて、漢方は身体にかかる負担が少ないです。
病状が軽い場合や、妊活中のため身体をいたわりたいという場合におすすめなのです。

 

□まとめ

今回は、PCOSについてご紹介しました。
PCOSであると診断されたら、漢方でゆっくりと改善していきましょう

漢方の葵堂薬局は、開業以来20年、延べ20万人以上の方の不妊のお悩みをお聞きしてきました。しっかりとお悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、一人一人に合ったご提案をさせていただきます。お一人で悩まずに、不妊、二人目不妊、男性不妊のお悩みをお聞かせください。無料 漢方不妊カウンセリングはこちから

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応