Now Loading...

不妊治療には漢方併用が効果的です!気になるメリットをご紹介します

「不妊治療には漢方を併用した方が良いって聞いたけど、本当はどうなの?」
「不妊治療、はじめてだからどんな治療があるのか知りたい」

このようなお悩みをお抱えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
旦那さんと子供を産みたくても、妊娠できないことは精神的にかなり辛いですよね。
今回は、不妊治療に効果的な、漢方を併用するメリットについてご紹介します。

□不妊症の原因

不妊症の原因は、実はとても分かりにくいものです。
検査で分かることは少なく、不快感や痛みもないので、原因の特定が非常に難しい病気です。
考えられる原因は、卵子に異常があること、内臓の機能が落ちていること、などが考えられます。
しかし、検査の結果で卵子にも精子にも異常がなく、それでも妊娠できないということもあります。
今の医学では全てが解明されていない病気が「不妊症」なのです。
そのため、治療は一般的な西洋治療の他にも、東洋医学の漢方や鍼灸治療を併用し、不妊症が治る可能性をできるだけ引き上げることが重要です。

□漢方を併用するメリット

漢方は、体質を改善できる東洋医学として知られています。
体質を改善させることで、人間の低下した機能を回復させたり、不妊の原因となる卵巣機能の低下を改善することができるのです。
鍼灸治療や他の不妊治療法と、漢方を併用して治療することにより、健康な体づくりと不妊治療を同時に行うことが可能です。
さらに、漢方は卵子の異常を回復させることもできます。
不妊症は、卵子に異常があることも原因である可能性があります。
卵胞形成の時期に漢方を飲むことで卵胞、卵子それぞれの異常を回復させることができます。
人間の機能を自然治癒力を上げることによって回復する方法は、西洋医学にない考え方です。

□妊娠の時期を考える

子供を作るピークは21歳から28歳の間と言われます。
ピークの時期を過ぎた方ほど、漢方治療は効果的です。
体質を改善するため、ピークの時期の体質を取り戻すことが可能なのです。
生殖能力を持つ臓器、漢方の考え方では「腎」と呼ばれる臓器の機能を改善、高める漢方薬を服用すると効果的です。

□まとめ

不妊治療で漢方を併用するメリットをご紹介しました。
不妊症は、複数の医療を併用することで治る可能性がぐっと高まります。
また、当薬局では豊富な経験・知識を持つ薬剤師によるカウンセリングを行っております。
カウンセリングによって、お客様に合った最適な漢方薬をご提案することが可能です。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応