Now Loading...

不妊治療には漢方を飲む!漢方治療にはどれくらいの治療期間がかかるの?

「不妊治療には漢方治療が良いって聞くけど、具体的にはどれくらい続けたらいいの?」
「効果が現れないって話もあるけれど、個人差があるのだろうか。」

そのような疑問をお持ちの方も、いらっしゃると思います。
漢方治療にどれくらい時間がかかるのかは、気になるポイントではないでしょうか。
今回は漢方治療にどれくらいの治療期間がかかるのか、ご紹介していきます。

□漢方治療の治療期間

一般的な不妊症の漢方治療は半年ほどが良いとされています。
もちろん、この治療期間には個人差があり、半年で改善される場合もあれば、数年かかってしまうこともあります。
また、一概に不妊症と言っても、その原因や症状は様々です。
現代医学でも解明しきれていない点が多く、複数の原因によって引き起こされている場合もあります。
このようなこともあり、不妊症の漢方治療の効果が表れる期間は短い場合で数か月、長い場合で数年と、治療期間が異なります。

□まずは1か月継続する

漢方治療によって症状が改善されるかどうかは、治療をはじめてから約1か月をめどに、医療機関が改善状況を確認します。
1か月服用し、症状が改善されたのであれば、そのまま漢方治療を続けることをおすすめします。
ですが、効果が表れない場合は、不妊症に対して違ったアプローチをする治療方法を視野に入れておいた方が良いかもしれません。

□途中で治療を辞めてもいいか

漢方治療で効果が現れない場合も、途中で服用をやめることはおすすめできません。
先ほど述べたとおり、漢方治療の効果が表れる期間はかなりの個人差があります。
漢方治療を中止する判断は、医師や薬剤師の方に相談して、中止するかどうかを判断しましょう。

□漢方の効果を高める方法

漢方薬は、薬ごとに正しい服用方法があります。
どの漢方薬にも共通して言えることは、薬はジュース・牛乳・お茶などで服用せず、水や白湯で服用するようにしましょう。
また、生活習慣のリズムをきちんととることも重要なポイントです。

□まとめ

今回は、漢方治療にどれくらいの治療期間が適切かどうかをご紹介しました。
漢方薬に限らず、薬の効能を高めるためには、正しい飲み方で服用することがポイントです。
また、漢方治療では自身の体質改善のほか、自身の免疫を高めることも治療の一環です。
漢方治療で自身の免疫を高めることで、不妊症に限らず、様々な病気に対して強い体を作れ、健康的な生活を送れるかもしれません。
これらのことを念頭に置き、漢方治療を検討されてみてはいかがでしょうか?

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応