Now Loading...

不妊症に効果のある漢方薬について解説します!

「どの漢方薬が不妊症に効果があるか分からない」
「漢方薬の効果について知りたい」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?

今回は、不妊治療に効果的な漢方薬ついてご紹介します。

□血行不良に効果のある漢方薬について

血の巡りが悪くなってしまうと、身体の機能が低下してしまいます。
例えば、血行不良によって引き起こされる症状として、冷え性などが挙げられます。
血液は身体の機能を維持するためにとても重要なものです。
血行を良くし、身体の機能を整えることによって「妊娠に適した身体づくり」を目指しましょう。

*効果的な漢方薬

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)や当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)などが血行不良の改善に効果的であるとされています。

□血を作る機能を高める漢方薬について

血の巡りに対してアプローチをしても、血が不足していては効果が薄れてしまいます。
血液が不足してしまうと、体内にうまく栄養が循環しなくなってしまいます。
よって、貧血や月経不順などの症状の原因ともなり得ます。
そのため、妊娠に適した身体づくりをするためには、血を作る機能を高めることが重要です。

*効果的な漢方薬

十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)には胃腸のはたらきを改善し、栄養をうまく吸収できるようにする効果があります。
それによって、血を作る機能を補ってくれるのです。

□自律神経のバランスを整える漢方薬について

自律神経は交感神経と副交感神経のバランスを調整する役割を持ちます。
交感神経は仕事や運動などの活動中に活発に働きます。
反対に、副交感神経は休憩中やリラックス時に効果を発揮します。

自律神経は精神的・身体的ストレスによって不安定になってしまいます。
例えば、長時間の仕事や勉強などによって交感神経が活発になり、血流が悪くなってしまいます。
また、交感神経の活発化によって副交感神経のはたらきが弱くなってしまい、胃腸の調子が崩れてしまいます。

*効果的な漢方薬

加味帰脾湯(カミキヒトウ)は自律神経の調整を行う効果を高めてくれます。

□男性不妊に適した漢方薬について

不妊の原因は必ずしも女性だけとは限りません。
その原因が男性によることもあります。
例えば、精子濃度や精子運動率が低い場合、自然妊娠をする可能性が低くなってしまいます。

*効果的な漢方薬

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)や柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)は精子運動率が改善される効果があるとされています。
ですので、男性不妊症に効果的です。

□さいごに

今回は、不妊治療に効果的な漢方薬について紹介しました。
漢方薬だけに頼るのではなく、食生活や生活習慣も見直すようにしてくださいね。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応