Now Loading...

不妊症の原因ともなるPCOSは漢方で治療できるのだろうか?

「不妊症の治療の効果がなかなか出ない」

不妊症の治療が長引いてしまうと、不安になってしまう方もおられるでしょう。
ところで、不妊症の原因の一つとしてPCOSというものがあります。
あまり詳しく知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、PCOSのメカニズムやその症状を解説します。

□PCOSについて

PCOSは多嚢胞性卵巣症候群と呼ばれる疾患です。
特に若い女性によくみられる症状です。
卵巣内に多くの卵胞ができてしまい、排卵が困難になると言われています。

*多嚢胞性卵巣

卵巣内に10個以上の小さな卵胞がある状態を多嚢胞性卵巣と言います。
多嚢胞性卵巣を判別する方法としては、超音波による検査を受ける必要があります。

*ネックレスサイン

卵巣に多くの卵胞が発生します。
それが卵巣の外部に並び、成長しない場合、それをネックレスサインと呼びます。
そして、ネックレスサインが見られる卵巣の表面が固くなります。
結果として排卵がうまく行われなくなるのです。

*ホルモン分泌の乱れ

排卵には黄体ホルモンと卵巣ホルモンが関わっています。
それらがバランスよく分泌されることによって、排卵が行われます。
PCOSでは、黄体ホルモンの分泌量が増加してしまいます。
排卵に関わる二つのホルモンのバランスが乱れてしまい、排卵がうまく行われなくなるのです。

*月経異常

月経異常の症状が見られます。
例えば、月経の周期が不規則になったり、月経の周期が長くなったりするといった兆候が見られます。

このような症状がみられる場合、PCOSと診断される可能性があります。

□症状

*不妊

排卵が困難になってしまうため、不妊症になることがあります。
排卵ができるようになると、妊娠ができるようになるのでご安心ください。

*ニキビや体毛の増加

男性ホルモンの分泌量が増加してしまうことが知られています。
それによって、男性によくみられるような症状が発症することがあります。
例えば、身体の毛が深くなる、ニキビが増加するといった症状が挙げられます。

□PCOSに効果的な漢方

直接的な効果がある漢方薬はありません。
ですので、PCOSを治療するためには、専門の医療機関で診察してもらう必要があります。
ただし、漢方薬がPCOSに対して全く効果が無いわけではありません。
漢方薬によって身体の不調に対してアプローチすることで、治療の助けとなるでしょう。

□さいごに

今回は、PCOSのメカニズムやその症状について解説しました。
不妊症でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応