Now Loading...

不妊症の治療に漢方!飲む期間はどれくらい?

「不妊症の治療のために漢方を服用しているけど、効果が表れない」
「本当にこのまま飲み続けても良いのだろうか」

漢方薬を服用していても症状が改善されないと不安になりますよね。
そこで今回は、漢方を服用する期間について解説します。

□漢方の服用期間

一般的に、漢方の服用期間は半年ほどが良いとされています。
ただし、その効果が表れるまでには個人差があります。
1週間もしないうちに症状の改善が見られ、数か月で服用を終えるといったケースもあります。
また、一概に不妊症と言っても、その症状は様々です。
例えば、貧血による過少月経や生活習慣やストレスなどからくる月経不順などがあります。
さらに、複数の症状が重なってしまうこともあるでしょう。
このように、症状の重さや複雑さによって、漢方の効果が表れるまでの期間は異なります。

□まずは1か月間継続する

医療機関によって異なりますが、約1か月を目安に症状の改善状況を確認します。
1か月服用したことによって症状が改善されるのであれば、そのまま継続して服用すると良いでしょう。
反対に、症状の改善が見られない場合、違ったアプローチをする方が良いかもしれません。

□途中で服用を辞めてもいいのか

漢方の服用をしても効果が表れないからと言って、服用を辞めることはおすすめできません。
服用期間中に漢方の服用を辞めてしまうと、症状が改善されなくなる可能性があります。
漢方の服用中止の判断は、医師や薬剤師の方に相談してからにしましょう。

□漢方の効果を高めるため方法

*健康的な生活を送る

漢方は不妊症などの症状を治療する特効薬ではありません。
症状を改善するための身体づくりを助けてくれるものです。
ですので、漢方の効果を高めて不妊症などの症状を改善するためには、生活習慣や食習慣を健康的にすることが重要です。

*正しい方法で服用する

漢方は指定された用量や用法を守って服用することが重要です。
飲み忘れた場合は2回分を一度に服用するのではなく、1回分のみを服用するようにしましょう。
また、ジュースや牛乳、お茶などは薬の吸収の妨げになったり、効果に影響を及ぼしたりすることがあります。
漢方は水や白湯で服用するようにしましょう。

□さいごに

今回は、漢方薬の服用の期間について解説しました。
漢方は正しい飲み方で服用することがポイントです。
また、漢方薬の効果を正しく発揮するためには、漢方薬に頼るのではなく自身の身体の免疫を高めることも重要です。
これらのことを念頭に漢方を服用してみてはいかがでしょうか?

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応