Now Loading...

不妊症に漢方は効果的!治療と併用して服用するメリットを解説!

「不妊治療を継続しているけど、なかなか効果が現れない」

不妊の症状が改善されないと、不安になってしまいますよね。
実は、漢方薬は不妊治療に効果があり、鍼灸治療などと併用することでより効果を発揮するのです。

今回は、漢方と鍼灸治療の併用のメリットを解説します。

□漢方について

漢方は中国が発祥の地とされています。
日本に伝わり、独自の発展を遂げたものが現在の漢方医学です。
また、漢方医学において服用する薬を漢方薬と言います。
漢方薬は天然の動植物などから得られた素材によって作られています。
いわゆる生薬と言われるもので、症状に対して効果のある素材が組み合わせられているのです。

□西洋医学

西洋医学では、病気の原因を調べます。
そして、病気の原因に対して効果のある薬を服用や外科手術などによって治療を施します。
つまり、西洋医学は症状に対して直接的なアプローチをするのです。

□東洋医学

東洋医学では人間の身体を3要素に分割して考えます。

*気の要素

「呼吸をする」
「体温調節をする」
「血液を循環する」
このような、身体の機能を維持するための活動は、東洋医学では気の要素として捉えます。

*血の要素

血は身体を支えるための重要な液体の一つです。
血の要素では、血の巡りや血の不足などを改善することを考えます。

*水の要素

人間の体の約60%は水分でできているとされています。
そのため、体内の水分が少なくなったり水分の吸収が滞ってしまったりすると、身体の機能に影響を及ぼしてしまいます。

これらの3要素のどれかが欠けていると体のバランスが悪くなります。
「血・気・水」の3要素のバランスを整えて身体を元気にする、それが東洋医学のアプローチなのです。

□漢方薬は不妊治療に効果的

漢方薬は、先ほど紹介した「血・気・水」に対してアプローチします。
それによって、ホルモンの分泌が正常に促されたり、不妊の原因となっている身体的なストレスが軽減されたりします。
症状などにもよりますが、漢方薬は不妊治療に効果的なのです。

□鍼灸治療と漢方薬の併用は可能

「鍼灸治療などの不妊治療と併用できるのだろうか」
継続してきた治療を辞めるとなると不安になる方もいらっしゃるでしょう。
漢方薬は鍼灸治療などの不妊治療と併用できます。
ですので、安心して漢方薬を服用できます。

□漢方薬を併用するメリット

漢方薬は「血・気・水」に対してアプローチし、身体の調子を整えます。
身体の調子が良くなると、西洋医学における不妊治療の効果も高まります。
ですので、西洋医学である鍼灸治療などの不妊治療と東洋医学である漢方を併用すると、相乗効果が得られます。
それによって、不妊治療がより効果的になるのです。

□さいごに
今回は、漢方薬と鍼灸治療の併用のメリットについて解説しました。
ぜひ、漢方薬を不妊治療に取り入れてみてはいかがでしょうか?

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応