Now Loading...

もしかしたら無排卵かも?漢方でできる不妊治療

不妊で悩まれる方は多くいらっしゃいますが、悩まれる原因は人それぞれです。
その中でも深刻なケースとして「無排卵」が挙げられます。
この記事では無排卵についてと、漢方薬でどのようなアプローチができるのかご紹介します。

□無排卵とは

通常の月経では子宮内膜が剥がれ落ちてできた老廃物と一緒に卵が排出されますが、無排卵とは月経の際に、排卵が伴わない状態のことをいいます。
これを無排卵月経や無排卵周期症とよび、不妊の原因の1つとなっています。
この無精卵の注意点は日常生活に支障をきたすような症状が出ないことから多くの方が
「大丈夫だろう」
と軽く考えてしまうことにあります。
たしかに思春期や更年期の女性には多く見られ時間がたつと治るケースも多いですが、妊活の時期であれば深刻な問題と捉えられます。
妊娠を望むのであれば早期の治療が必要でしょう。

□無排卵の診断

本当に無排卵かどうかはある程度自分で診断できます。
それも体温を計るという簡単な方法です。
月経や排卵が正常な状態であれば、1ヶ月の間に体温の高い高温期と反対に体温が低くなる低温期があります。
ところが無排卵の場合は1ヶ月の間に体温の変化があまり見られないことが特徴です。
高温期や低温期が見られない場合は一度診察を受けてみるといいでしょう。

□無排卵に効果的な漢方薬

無排卵は漢方薬で改善できることをご存知でしょうか?
もっとも西洋医学のように無排卵そのものを治すという考え方ではなく、無排卵の原因を取り除くのが漢方薬です。
無排卵の原因として挙げられるのがやはりストレスです。
現代社会では女性が働いて、忙しい生活を送るのはもはや当たり前になっています。
そのため日々ストレスにさらされる環境にあると言えます。
漢方薬は「気」に作用するもの、「血」に作用するもの、「水」に作用するものの3つに分けられますが、無排卵の症状を改善するにはストレスから体の機能を守るために「気」の要素を補う必要があります。
そのため漢方の先生と相談しながら「気」にアプローチできる漢方薬を処方してもらうことがおすすめです。

□おわりに

ここまで無排卵についてと漢方薬でどのようなアプローチができるのかご紹介しました。

無排卵は日常で困るような症状はありませんが、不妊の原因となるため早めの改善が望ましいです。
無排卵に効果がある漢方について詳しく聞いてみたい、相談してみたいという方はぜひ漢方の葵堂薬局までご連絡ください。
資料請求やメールでのお問い合わせも承っておりますので気軽にお申し込みください。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応