Now Loading...

不妊症治療で漢方薬はどれくらいの期間飲む必要があるのか

不妊症を改善するための治療法は様々ですが、漢方薬が不妊に効果的なことをご存知でしょうか?
漢方薬は古くから日本で独自に発展を遂げた医療で、現在も活用されていることからその効能は十分に期待できるといえるでしょう。
しかし漢方薬と聞いてもよくわからなかったり、なじみがなかったりして服用をためらってしまうのも事実です。
そこで今回は、漢方薬を知る第一歩として漢方はどれくらいの期間服用すれば良いのかについてお話しします。

□漢方の効果を感じるまでの期間

一般的な印象として、漢方薬は効果が出るまでに時間がかかるとお考えの方が多いように感じます。
もちろん体質や症状によって効果が出るまでに必要な服用期間は異なってきますが、早い方では1週間程度で体質が変化し始める方もいらっしゃるようです。
不妊治療の場合では、漢方の服用期間が6カ月以上2年未満の人が半数を占め、長時間かけて体質を改善しています。
漢方には「3年3か月3日飲め」という言葉があり、長時間服用して初めて真の体質改善につながるという認識でいましょう。
逆をいうと不妊症は体の「気・血・水」のバランスを乱してしまう生活を続けていた結果ですから、長期的な視点で治療していくのが自然です。

□なぜ漢方薬が不妊治療に効果的なのか

漢方薬が長期にわたっての服用を想定したものと理解していただけたところで、なぜ漢方薬が不妊治療に効果的なのかをご説明いたします。
漢方の立場から不妊の原因を見ると大きく「冷え性」「瘀血」「肥満」3つのタイプに分けられます。
不妊治療で漢方薬をお求めになる方がもっとも多く持っている症状が「冷え性」です。
特に女性には冷え性の方が多いといいますが、冷え性の原因として血流の悪さが挙げられます。
血のめぐりが悪いということは全身に必要な栄養分がいきわたらず、結果的に性機能低下の症状を生み出しているもいわれています。
また現代人は慢性的な運動不足が問題となっていますが、肥満も血流が悪化する原因となりえます。
肥満の場合は運動の習慣を取り入れることはもちろん、血流を改善し、代謝を上げる漢方を服用するといいでしょう。
ここまで漢方はどれくらいの期間服用すれば良いのかについてお話してきました。
妊娠・安全な出産のために健康な体作りが必要なのはもちろんのことですが、現代社会では妊娠・出産後も育児をする中でストレスを感じてしまう場面もあると思われます。
そんなときに体調を崩してしまわないように漢方薬で準備を始めてみませんか?
漢方について詳しく聞いてみた、相談してみたいというからはぜひ漢方の葵堂薬局までご連絡ください。
資料請求やメールでのお問い合わせも承っておりますので気軽にお申し込みください。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応