Now Loading...

不妊の原因のPCOSって何?漢方薬で治療できる?

不妊でお悩みの方はまず最初に不妊の原因を探し当てる必要があります。
原因がわかればそれに合った治療法を試していくわけですが、不妊の原因は様々です。
中でも自分は月経がおかしいという自覚のある方はもしかするとPCOSの症状が出ているかもしれません。
PCOSとは普段耳にしない言葉ですが、この記事ではPCOSについてとご紹介します。

□PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)とは

PCOSとは多嚢胞性卵巣症候群を表し、生理不順の原因の1つです。
PCOSの症状として月経異常、不妊、多毛、肥満が挙げられ、生殖可能な年齢の女性の5~8%に認められる病気だそうです。
PCOSは若い女性によくみられる疾患で、卵胞が卵巣の中にたくさんできる多嚢胞などが原因で排卵に時間がかかってしまうという症状があります。
それぞれの症状について解説しますので自分に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

*月経異常

月経の頻度が少なく、3か月以上月経の無い無月経や月経周期が39日を超える月経異常と呼ばれる症状をお持ちの方は月経異常の可能性があります。
生理痛などの症状を伴わないことから放置しがちですが、異変を感じたらすぐに医師に相談しましょう。

*多嚢胞卵巣

多嚢胞卵巣は
「1つの卵巣で10個以上の小細胞があること」
と定義されています。
これらの発見はクリニックで超音波検査を受ける必要があります。
とはいえ卵巣に小細胞が見られるのはホルモン分泌が順調な証ですので過度に敏感になる必要はないでしょう。

*男性ホルモンの分泌増

血中の男性ホルモン値、黄体ホルモン値が高い方もPCOSの可能性があります。
クリニックでの採血で症状がわかりますが、これらの値が高いと卵胞の成長が遅れ、月経不順の原因となってしまいます。
アルコールや運動不足が原因と言われていますので、まずは生活習慣を改めましょう。

□PCOSに効果的な漢方

まだPCOSに直接作用する漢方は報告されておらず、根本的な解決ができないことが実情です。
そのため漢方薬は体の調子を整えるための、補助的な位置づけで使用すると効果的です。
冷え性、貧血の方は「血」に作用するもの、ストレス、頭痛の症状をお持ちの方は「気」に作用する漢方薬を服用するといいでしょう。

ここまでPCOSについてご紹介しました。
クリニックでの治療の効果を高めるためにも、漢方薬や規則正しい生活習慣を心がけ体内を正常な環境にしておきましょう。
漢方について詳しく聞いてみたい、相談してみたいという方はぜひ漢方の葵堂薬局までご連絡ください。
資料請求やメールでのお問い合わせも承っておりますので気軽にお申し込みください。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応