Now Loading...

不妊治療で効果がある漢方の選び方を症状別にお教えします

クリニックで不妊治療を始める前に、自分自身で出来る不妊治療は何かないかなと悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
そんな方におすすめなのが、漢方薬を併用しての治療方法です。
漢方薬を服用することで、体質改善を行い、生理不順が整って自然に妊娠できるという方も多いのです。
しかし、漢方には難しい名前の薬が多く、症状によってかなり細かく種類が分かれているため、どれが一番良いのかわからないですよね。
そこで今回は、不妊症の症状に対してどのような漢方が良いのか、その選び方をご紹介します。

 

□漢方での考え方

西洋医学では、病気になった部分を治療する考え方ですが、東洋医学では、病気ではない状態から体質改善を図っていく考え方であるのが特徴です。
たくさんの種類がある漢方の中から一人一人の体調や体質によって、オーダーメイドのように細かく生薬を合わせていき、体全体の調整をしていきます。

漢方では、人間の身体は3つの要素で出来ていると考えられており、気・血・水のバランスが整うことで健康な状態を維持できると考えられています。
どこか体調が悪いということは、3つの要素のうちのどれか一つが不足していたり、むしろ過剰であるからバランスが崩れているのです。
還付を使うことによって、このバランスを調整し、元どおりの状態に近づけていきます。

 

□症状別のおすすめの漢方薬とは

*月経不順に悩んでいる方

月経が不定期にくる方や更年期障害といった女性の不調によく効く漢方が、温経湯(おんけいとう)です。
血液が足りていない状態を改善する働きを持ちます。
血行を良くして身体を温める効果が期待できますので、冷え性や唇の乾燥に悩んでいる方にもおすすめの漢方です。

 

*体力がなく、疲れやすい方

体力がなく、だるさや食欲不振の方におすすめの漢方が、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)です。
特に、胃腸の調子や消化不良などによく効くと言われています。
不妊の原因として体力が落ちている方にはよく処方される漢方です。

 

*体力低下や貧血の方

月経不順や体力が低下している方に用いられる漢方が、芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)です。
血流の改善を期待でき、婦人科系の疾患全般に幅広く用いられます。

 

□まとめ

以上、不妊症の症状に対してどのような漢方が良いのか、その選び方をご紹介しました。
自分だけで漢方を選ぶのが難しい方は、専門家から意見をもらうようにしましょう。
漢方の葵堂薬局ではLINE@でのご相談も承っています。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応