Now Loading...

本当に漢方で妊娠できるようになるの?

漢方の葵堂薬局には全国から赤ちゃんを授かりたいお母さん達がご相談に来られます。

多くのお母さんが赤ちゃんに恵まれずご自身を責められている方が多いです。
葵堂薬局では不妊で悩むお母さん方に赤ちゃんを授かるお手伝いとして漢方による「身体のコンディションを整える」こととカウンセリングによる「心のコンディションを整える」ことを両立し不妊のお悩みを解決しています。

190306_img_01

どうして赤ちゃんができないの

190306_img_03

現在の日本には赤ちゃんに恵まれないカップルが多く不妊は深刻な問題になっています。
妊活を行っても子宝に恵まれない背景には日本のカップルが妊活を始める年齢が高いこと食生活の変化があります。

年齢の問題

現在の日本では男女共に晩婚化が進み、婚期が遅くなる為、子作りの時期も遅くなります。
つまり肉体的にも加齢が進むことで男女共に生殖能力が低下してしまうのです。
日本の不妊の大きな問題は正に「年齢」によるものが多く、不妊治療の成功率が低い原因も年齢による身体の老化が原因なのです。

食生活の変化

現在の社会はグローバル社会で昨今の日本でも他国の文化交流が頻繁に行われ様々な文化を身近に感じられる時代になりました。
その兼ね合いで日本でも大きな変化を見せたのが食文化の変化です。
現在の日本では世界でも健康食と称される日本食は影を潜め洋食屋、デリバリー食、インスタント食などを日々口にする生活が増えました。
その結果必須脂肪酸の体内バランスが崩れ身体の状態も以前よりは炎症傾向にあります。

不妊治療が妊活にできること

190306_img_02

現在の日本の不妊治療を受けられる条件としては「結婚していること」が前提となります。
そしてその不妊治療が妊活において行ってくれることは「受精卵」を作ることなのです。

婚姻が治療条件

他国では婚姻の有る無しに関わらず本人の意思によって早期から不妊治療を始めることができます。
その内容は若い頃の卵子を凍結保存したり、事前に自分の体に問題が無いかなど来るべき妊活のために準備ができるのです。
しかし現在の日本ではそのような考えは持ち合わせておらず結果として妊活時から不妊治療を始めるケースが多く子供を授かる準備が遅くなってしまうのです。

受精させること

日本の不妊治療が行なってくれることは「受精卵」という結果を出してくれることです。
もちろん100%とはいきませんが高い確率で受精卵を作ってくれます。
そのために夫婦の営みのタイミングを調べたり、男女共に体に問題があればお薬や外科的処置を行うことで受精卵への可能性を飛躍的に高めてくれます。
子供に恵まれないカップルにとって不妊治療は必要な医療ですが、受精卵を作ること以外に大切なことは存在し、それが受精卵をお母さんの体で育むことなのです。

現在の日本の妊活に必要なこと

日本で妊活を行うカップルは子供を授かるに適した適齢期よりも遅いことが多いです。
適齢期を過ぎると受精したとしても子宮に着床しなかったり、着床しても流産に見舞われることも少なくありません。

190306_img_04

受精卵を作ること

赤ちゃんを授かる第一歩は受精卵を作ることです。
夫婦の営みによる自然妊娠や、自然妊娠が難しい場合は不妊治療を行い、受精卵を求めることも必要になります。
そして卵子や精子の状態が悪く受精卵ができない場合には、やはり身体のコンディションを整え卵子や精子の状態を改善する必要もあるのです。

受精卵を育てること

受精と同様に赤ちゃんを育むためにとても大切なことがあります。
それはお母さんの子宮に受精卵を着床させ受精卵を順調に育てることです。
受精卵を育てる上で重要になるのが母体のコンディションで、子宮環境が良いと受精卵はすくすくと育ち赤ちゃんとして成長していきます。

頑張り過ぎるとストレス不妊の悪循環

190306_img_05

不妊治療を行なってもなかなか赤ちゃんができず、自分を責めてしまう方がおられます。
なぜ赤ちゃんができないの?私が悪いの?と自分を責め、自分を追い込むことはもう辞めましょう

自分を責めないで

不妊の場合、周りからのプレッシャーや、年齢的な焦りから、ついつい結果を急ぐことになりがちになります。
中にはストレスを抱え込んで「うつ状態」になってしまう方もいます。こうなると何とか妊娠・出産できても赤ちゃんに愛情を注げないというつらい結果になってしまいますよね。
妊娠するにも出産するにも子育てするにも、お母さんが心身ともに健康であることが大切です。だから葵堂の合言葉は「頑張らない」です。

自分を追い込まないで

こんなことを言うと叱られるかもしれませんが、不妊治療をあまり難しく考える必要はありません。
「どうやって妊娠するか」を考えるより、漢方を使ったり食生活を改善することで、赤ちゃんが安心して育てる畑(母体)を作ることを考えれば良いのです。
葵堂は多くの方へアドバイスしてきましたが、身体を整える方が簡単であり、結果的に妊娠に繋がる可能性が高いのです。
体質を整えて赤ちゃんが育ちやすい畑を、私達と一緒に整えていきましょう。だからもう自分一人で追い込まないで。

大切なことは赤ちゃんを授かる為の身体作り

葵堂薬局では妊活を行うカップルの妊娠率を高めるために、夫婦の身体のコンディションを整え不妊改善のお手伝いをさせて頂きます。
赤ちゃんは元を辿るとお父さんとお母さんの身体から育まれるものなのです。

190306_img_06

赤ちゃんは父母から成る

赤ちゃんはお父さんの精子とお母さんの卵子が出会うことで誕生する新たな命です。
命の源である精子と卵子は両親の体で作られていますので身体のコンディションがそのまま遺伝情報である精子と卵子に現れます。

身体作りが卵子の質を高める

私達漢方薬剤師は不妊に悩む方達の妊娠確率を上げるために行うことが身体のコンディションを整えることです。
コンディションが整うことで卵巣の状態が良くなり卵子の質が高まります

良好な子宮環境が受精卵を育成する

漢方や生活習慣の改善による身体の状態の改善は卵子の質を高めることだけに留まりません。
身体の状態が良くなれば臓器間代謝、血液循環、ホルモン分泌が改善されることで子宮への酸素栄養供給も良くなります。
つまり体内のあらゆる循環が適正化され健康的な身体になることで受精卵を育成するのに適した環境となるのです。
>>みんなの体験談

いかがだったでしょうか?少しは不安は解消できたでしょうか?
もう一人で悩み悲しむのは辞めましょう。いつでもお悩みのご相談をお聞きしますので、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせはこちらから
電話番号:0120-789-301
10:00~19:00(定休日:日曜日・祝日)

葵堂薬局では、当店の不妊改善への基本的な考え方が分かる資料をお送りしています。

・不妊にまつわる6つの誤解
・不妊治療ガイダンス
・食生活のアドバイス
・不妊症の漢方治療
・妊娠しやすい体質をつくる

ご不安な方はお気軽にご相談ください。
まずは資料をご請求いただければ、漢方で不妊治療をするとは、どのようなことなのか、ご理解いただけると思います。

こちらからお問い合わせください。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応