Now Loading...

知っておきたい不妊治療のこと (方法編)

前回は不妊治療の基本について説明しましたが、では実際に不妊治療とは、どのように治療していくのかについて疑問に感じるだろうと思います。
実際に不妊治療の方法については原因に応じていくつもの治療方法があります。
そこで、今回は原因に応じた代表的な不妊治療の方法について説明したいと思います。
 

タイミング法

一般的に最初に用いられる治療法になります。おりものの状態や卵胞の大きさ、血中値などから排卵日を正確に把握し、その日に夫婦生活を営んでもらうことで自然妊娠を目指す方法です。
通院して排卵日の予測の精度を高めることで妊娠率を高めることができます。
費用は数千円~1万円ほどです。
 

人工授精

人の手を介して男性の精液を女性の子宮内に注入する方法です。
人工授精は名前から人為的に妊娠させる印象がありますが、実際は人の手を介して手助けを行う方法で、最も自然な方法であると言えます。
一般的に人工授精は精子に不妊の原因があると考えられる場合やタイミング法でも妊娠しなかった場合に用いられます。
1回あたり1~3万円の治療費がかかります。
 

体外受精

体外受精は文字通り体の外で精子と卵子を受精させ受精卵を子宮に戻す方法です。
体外受精に関して以前は高度な治療法でしたが、最近は一般的な治療方法の1つになってきています。
男性と女性それぞれに不妊の原因があって、人工授精までの治療法では妊娠が困難だと分かっているときに行われます。
費用は20~100万円と他の治療法と比べて高額となっています。
 

顕微授精

顕微授精は体外受精と同じように体外で受精させ受精卵を子宮内に戻す方法ですが、受精の方法に違いがあります。
体外受精ではあくまでも精子の力に頼って受精をさせますが、顕微授精はガラス管等を使って精子を卵子に注入させ受精させます。
体外受精よりも人工的に人の手を介した方法であると言えます。
 
顕微授精は体外受精でも受精しない場合や精子の運動性不良、奇形精子の割合が多い場合などに行われる方法であり、こちらも30~100万と高額な治療となっています。
 

このように症状の段階に応じて様々な治療法が存在しています。費用に関しては体外受精や顕微授精に関しては非常に高額になる場合もありますが指定された条件を満たせば助成金を受け取ることもできます。
また、タイミング法であれば比較的安価で受けることができるので、ためらうことなく治療を受けてみてはいかがでしょうか?

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応