Now Loading...

自然妊娠の解説その2

不妊治療に励まれている読者の方々へ、前回は自然妊娠の解説とポイントについていくつかご紹介致しましたが、まだまだ自然妊娠についてお伝えできるポイントがいくつがあります。そこで今回は、前回ご紹介しきれなかった、自然妊娠において大切になってくるポイントをいくつかご紹介していきます。

自然妊娠の確率

自然妊娠というのは排卵日を狙ったからといって100%成功するわけではなく、健康で若い男女が排卵日を狙ったとしても、自然妊娠の確率は約20から25%ほどだと言われています。
しかもこれは、あくまで生理がきちんと周期的に来ていて、かつ日常の生活が安定しているという最低条件のもとです。

というのも、女性の身体はストレスによってかなり変化するため、実際の妊娠確率はもっと低くなる場合さえあります。
妊活がストレスになってしまうと逆効果なので、パートナーとなるべく妊活を楽しむことがポイントです。

自然妊娠の最高齢と限界

<自然妊娠の確率>

  • 25歳から30代前半 約25%から30%
  • 30代後半      約18%
  • 40代前半      約5%
  • 40代後半      約1%

年齢が上がるにつれてもちろん自然妊娠の確率は減っていきますが、40代後半でも希望を捨てる必要はないでしょう。
なかには60代で妊娠したという例もあります。自然妊娠の最高齢・限界は、排卵をされなくなった時です。つまり生理が上がった時ですね。

卵子が排卵し続けられる限り、自然妊娠を望むことはできますが、年齢を重ねる毎に難しくなってしまうというのも事実です。

自然妊娠を望む方なら、1日でも早くすべき

「善は急げ」とよく言いますが、これはまさに妊活に当てはまります。
健康的な肉体と精神を保ち排卵日を狙っても、自然妊娠の確率は意外と低いのです。年齢を重ねれば重ねるだけ自然妊娠力が低下していくことは避けられないので、思い立ったらすぐ妊活を始めましょう。

運よく妊娠できた場合でも、高齢での出産はリスクが伴います。染色体異常も起きやすいですし、流産の確率も上がってしまいます。
少しでも良質な卵子から妊娠できるように、1日でも早く妊活を始めましょう。妊活は夫婦での共同作業になりますが、言い出しやすい夫婦間の関係性も普段から育んでいけるといいですね。

 

いかがでしたでしょうか。
今回は次回に引き続き、自然妊娠についての解説とポイントをお伝え致しました。こちらの記事も参考に、読者の方々が1日でも早く妊活が始めることができれば幸いです。


■ この記事を書いた人

漢方の葵堂薬局 薬剤師 西岡
薬剤師 西岡 敬三 (登録番号:第242155号)

漢方の葵堂薬局 (薬局許可番号:第12A00006号)
大阪府堺市東区日置荘西町4丁36-7
厚生労働省薬剤師資格確認検索

お電話でもご質問を承っています

0120-789-301 10:00〜19:00(日祝 休み)

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応