Now Loading...

原因は本当に女性だけ?男性が不妊治療の受診をする場所は?

「なかなか妻が妊娠しない…」
「女性が長い間不妊治療をしているけど、男性の自分にも何かできないかな?」

このように考えている男性も多いのではないでしょうか?
女性の不妊治療のサポートだけではなく、男性も自分の体を検査する必要があるかもしれません。
なぜなら、不妊治療が成功しないのは、男性側に原因がある可能性も高いからです。
そこで今回の記事では、男性側に原因がある可能性について、男性が不妊治療の受診ができる場所も含めてご紹介します。

 

□男性側にも不妊の原因?

不妊治療と聞くと「女性側に原因があるから、男性には関係ないことだ」と思う方もいるのではないでしょうか?
しかし実際は、男性も不妊治療を受けた方がいいケースがあります。
なぜなら、男性の精子が不妊の要因となっている可能性も高いからです。
男性側が不妊の原因である理由としては、精子を多く作れない、精子が出てこない、性行為ができないといった場合が考えられます。
このことは、男性不妊と呼ばれています。
もし、男性側にのみ不妊の原因がある場合だと、女性がどれほど不妊治療を続けても妊娠できない可能性が高いです。
子どもが欲しいと考えているようでしたら、一度男性も検査を受けてみてはいかがでしょうか?

 

□男性が不妊治療を受ける場所は?

 

「男性側に不妊原因の可能性があることは分かったけど、どこで不妊治療や検査をしているの?」
男性が不妊治療を受けるという話はあまり多く聞かないと思います。
そのため、男性はどこで不妊治療検査をするのか分からない方も多いのではないでしょうか。
実は、男性の不妊治療や検査の多くは、婦人科にて行われています。
男性も婦人科で検査できる理由としては、男性不妊の専門家と施設が少ないことの他、婦人科には生殖をサポートする医療技術があるからです。
不妊治療を受ける場合には、男性も婦人科で受診することをおすすめします。

 

□まとめ

 

以上、男性側に不妊の原因の可能性があること、男性不妊に関して受診できる場所について紹介しました。
男性側に不妊の原因があるかもしれないと知り、驚かれたのではないでしょうか?
夫婦の関係を維持していくためにも、お互いが妊娠しやすい体になるために、一度婦人科で受診してみることをおすすめします。
不妊治療がうまくいかないことを、女性側の問題にせず、夫婦の問題と捉えて男性側も検査を受診されることをおすすめします。
今回の記事が、不妊治療に役立つものとなれば幸いです。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応