Now Loading...

不妊治療は女性だけじゃない!男性が改善すべきこととは?

「長い間、妻は不妊治療をしているけれど、なかなか妊娠しないな…」
「男性として何か改善した方がいいことはないのだろうか?」

長い間不妊治療と戦ってくれている妻のためにも、何か自分もすべきことはないか考えている方は多いのではないでしょうか?

実は、不妊の原因が女性でなく男性側にある場合も多くあります。
また男性が不妊治療を受けること、生活習慣を改善することで、パートナーの妊娠する確率が上がる可能性もあります。
そこで今回の記事では、不妊治療をするに当たって、妊娠しやすい精子に関して説明します。

□妊娠しやすい精子とは?

 

「精子も不妊に関係があるの?」
こう疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
そもそも、精子が原因で妊娠しない状態は3パターン考えられます。

1つ目は「精子の量が少ない」ことです。
そして2つ目は「精子の運動率が低い」こと、3つ目が「精子が奇形である」ことです。
クリニックや病院でも、男性の不妊検査をするときは、まずこの3つを調べます。
なぜ、この3つを調べるかというと、精子の量や運動率が悪ければ、性行為をする回数と1回当たりの射精が少なくなるからであり、奇形だとうまく着床までいかないからです。
この症状のことを、男性不妊といいます。
精子の状況を解決するには、クリニックや病院で検査してもらい、男性不妊の理由を見つけるようにしましょう。

□精子による不妊を改善する方法

 

実は、クリニックや病院で不妊治療するほかにも、精子による不妊の状況を改善する方法があります。
それは、身の回りや生活習慣を改善することです。
例えば、下着はブリーフよりトランクスを履く方が良いと考えられています。
これは精巣の温度が上昇すると、精巣の機能が弱まると考えられているからです。
このように精子は、些細なことでも妊娠に向けて改善できることがあります。

□まとめ

以上、妊娠しやすい精子と、生活習慣の改善により妊娠しやすくなる改善例について説明しました。
生活習慣の改善によって、不妊対策につながることを知って驚かれたのではないでしょうか?
生活習慣を改善することは、不妊治療関係無しにいいことですので、日頃の生活を見直すことをおすすめします。
また不妊治療をしていると、ストレスがたまって体の調子に悪影響を及ぼす可能性もあるので、ストレスがたまらない程度の改善を心がけるようにしましょう。
今回の記事が、不妊治療に役立てば幸いです。
不妊治療に関して疑問や相談があれば、いつでもお気軽にご相談くださいね。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応