Now Loading...

不妊治療は保険適用外?不妊治療にかかる費用を安くする方法とは

「不妊治療って結構お金がかかるって聞いたけど、きちんと払えるかな」
不妊治療を受ける方の目標は妊娠することですよね。
そして妊娠して、出産した子供を育てるには多額の費用がかかりますから、不妊治療にかかる費用はできるだけ抑えたいでしょう。
そこで今回は、不妊治療の治療費とそれを安く抑える方法をご紹介します。

□不妊治療にはいくらかかる?

 

*一般不妊治療

不妊治療でまず初めに行われるのがタイミング法です。
タイミング法では、まず検査を行うことで排卵日を特定します。
そして、妊娠しやすい排卵日の2日前から当日に性行為をすることで、妊娠の確立を上げる方法です。
健康保険が適用されるため、治療費は1回数千円程度ですみます。

タイミング法で妊娠できなければ、人工授精に移ります。
排卵日の2日前から当日に、採取した精子を子宮の奥に注入する方法です。
この治療法からは健康保険の適用外です。
そのため、費用は1回1万円から2万円と比較的高いです。

*高度生殖医療(特定不妊治療)

人工授精でも妊娠できなければ、一般的に次は体外受精を行います。
体外受精は、採取した精子と卵子を培養液で受精させ、受精卵を子宮に戻す方法です。
この治療法では、1回20万円から50万円かかります。

それでも妊娠しないと、顕微授精という治療法に移ります。
顕微授精では、1つの精子を卵子に針で注入して、受精卵を子宮に戻します。
費用は一般的に1回40万円から60万円です。

□不妊治療の費用を抑えるには?

不妊治療の治療法は、段階が上がるごとに費用が高くなってしまいます。
では、この費用を抑えるにはどうしたらいいのでしょうか。

*不妊治療を保障してくれる保険に加入

体外受精や顕微授精などの特定不妊治療には、健康保険が適用されません。
しかし、実はこの特定不妊治療を保障してくれる保険もあるのです。
その保険の例として、ニッセイの「出産サポート給付金付3大疾病保障保険 ChouChou!」が挙げられます。
6回目までは1回5万円、12回目までは1回10万円ももらえるので、特定不妊治療を受ける方におすすめの保険です。

*不妊治療の助成金を申請

実は特定不妊治療のための助成金制度もあるのです。
1回の治療につき、10万円から15万円ほどもらえます。
ただし、年齢や回数によって金額が異なります。
また細かい条件も自治体によって違うので、確認が必要です。

□まとめ

今回は、不妊治療の費用や保険、助成制度についてご紹介しました。
不妊治療は期間が長引くほど、たくさんの治療費が必要になります。
生まれる子供のために出費を減らせるよう、不妊治療をしながら漢方で妊娠しやすい体質に改善してみてはいかがですか?

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応