Now Loading...

不妊治療は夫婦で乗り越える|治療中も夫婦円満でいる方法とは?

「不妊治療への不安と焦りで、夫にきつくあたってしまう」
「治療を始めてから、夫婦仲が悪くなった」
結婚した当初はあんなに仲が良かったのに、不妊治療がうまくいかないことの不安やストレスで、夫婦関係が悪くなってしまう夫婦も多いようです。
できることなら、不妊治療中も夫婦円満でいたいですよね。
そこで今回は、夫婦仲良く不妊治療を乗りこえるための方法をご紹介します。

□不妊治療の話を減らす

不妊治療をしていると、そのことで頭がいっぱいになり、つい夫婦の会話も不妊治療の話ばかりになりがちです。
なかなかいい結果が出ないと、会話が暗くなりますし、相手を責めてしまう場合もあるでしょう。
もちろん、検査結果など必要なことは夫婦の間でしっかり話すことが大切です。
しかし、不妊治療に疲れた時は一度頭から離し、それ以外の会話をするように心がけましょう。
夫婦で共通の趣味があるなら、その話で盛り上がってもいいですね。

□笑顔を心がける

不妊治療で落ち込んでいると、つい表情も暗くなってしまいますよね。
しかし、そんなときこそ笑顔でいることを意識しましょう。
笑顔でいることで、前向きで明るい気分になれる可能性があります。
逆に暗い顔をしていると、相手にも暗い気持ちがうつってしまうかもしれません。
明るい家庭を築くために、子供を妊娠してからできないことを楽しんで、笑顔を増やしましょう。

□不妊治療を休止する

一般的に女性は歳をとるほど、妊娠が難しくなると言われています。
そのため、焦って不妊治療をしている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、不妊治療が長引くほど精神的にも身体的にも疲れ、些細なことで喧嘩してしまいがちです。
そんなときは、思い切って不妊治療を休んでみてもいいでしょう。
息抜きをすれば、相手を思いやる心の余裕も生まれるかもしれません。

□結果が出なくても相手や自分を責めない

不妊治療をして、生理が来ると落ち込んでしまいますよね。
しかし、だからといって自分や相手を責めるのは控えましょう。
落ち込んでいない夫をみて、当たるのもよくありません。
励まそうとわざと明るくふるまっている可能性もあります。
家庭の雰囲気をよくするために、まず互いを責めないように心がけましょう。

□まとめ

今回は、不妊治療中も夫婦円満でいるためのポイントをご説明しました。
不妊治療は身体面だけでなく、精神面のストレスも多いものです。
ご紹介したポイントを参考にして、ぜひ夫婦で支え合いながら不妊治療に取り組んでみてはいかがですか。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応