Now Loading...

不妊治療を決心した方必見!治療開始までにしておくべき準備まとめ

「不妊治療を始めてみることを決めた」
お金も時間もかかる不妊治療を開始することは、大きな決断ではないのでしょうか。
そのような大きな決断を無駄にしないためにも、準備は入念に行いたいところです。
そこで今回は、不妊治療を始める前に準備しておくべきことをご紹介いたします。
是非、参考にしてください。

 

□不妊治療を始める前に準備しておくこと

ここでは、不妊治療を始める前にしておくべきことを3つご紹介いたします。

 

*資金に関する準備をする

不妊治療を始める前に理解しておきたいことは、不妊治療には時間もお金もかかるということです。
最も気を付けておきたいことは金銭面で、治療法によっては高額の治療費が必要になります。
そのため、資金の準備やいくらまで使うのかといったことは、事前に夫婦で相談して決めておくべきでしょう。
治療費用は、どの段階の治療をするのかによって変わってきます。
例えば、タイミング法などは保険が適用されますが、人工授精や体外受精は保険適用外の治療です。
体外受精は1回40万円ほどかかり、決して安い金額とは言えません。
しかも、その1回のみで妊娠できるとは限らず、2回、3回と行うことで妊娠に至る方もいらっしゃいます。
実際に、NPO法人「ファイン」の調査によれば、不妊治療にかかった費用として総額で100万円以上を使った方が治療者全体の55%もいます。

 

*病院を選ぶ

次にすべきことは通院する病院を選ぶことです。
不妊治療はとても専門的な治療なので、不安や疑問がたくさんあるかと思います。
そのような不安な状態のまま治療を受けることはあまり良いことではありません。
自分が安心して治療できるような信頼のおける病院を探すことが、大切な治療の準備の1つです。

 

*基礎体温をつけておく

治療の第一歩目は病院を受診することだと思いますが、受診する前にしておきたいことは基礎体温をつけることです。
基礎体温をつけることで、実際に受診した際に的確なアドバイスを貰うことができ、治療をスムーズに始められます。
というのも、基礎体温の推移を見ることによって、体やホルモンの状態が把握できるからです。
この基礎体温は2、3か月間測ったものを医師に見せることをおすすめします。

 

□おわりに

今回は不妊治療を始める前に準備しておくことをご紹介しました。
「備えあれば憂いなし」
ということわざもあるように、準備は何事においても大切です。
是非、ご自身の不妊治療を後悔のないものにするためにも、ご紹介したことを参考にしてみてください。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応