Now Loading...

冷えと不妊治療には重要な関係があります!冷えを解消する生活習慣をご紹介

「手足の冷えがひどい」
体の冷えに悩まされている女性は多いのではないでしょうか。
しかし、その体の冷えは不妊の原因かもしれません。
そこで今回は、冷えが妊娠によくない理由と、冷えを解消する生活習慣をご紹介いたします。
是非、参考にしてみてください。

 

□冷えが妊娠によくない理由

まずはじめに、体が冷えることによって体内で何が起きるのかお伝えします。
体が冷えることによって血管が縮こまってしまい、その結果血行が悪くなってしまいます。
通常私たちの体では、血液とともに酸素や栄養物が体をめぐっています。
しかし、冷えによって血のめぐりが悪くなってしまうと、十分な酸素や栄養物が運ばれなくなってしまい様々な症状を引き起こしやすくなります。
妊娠に関連した症状として、卵巣や子宮に十分な酸素や栄養物が届かないことによって、月経不順や排卵障害が引き起こされます。
その結果、冷えが不妊を引き起こしてしまうのです。

 

□冷えを解消する生活習慣

ここでは、冷えを解消する生活習慣をいくつかご紹介いたします。

 

*スポーツを行う

適度に運動を行うことによって体の新陳代謝が上がり、冷えを解消することにつながります。
ジムやジョギングすることもいいですが、なるべく長い間続けられるものをおすすめします。
日頃からできるものとしては、携帯を見ながらや、お皿を洗いながらなど、ながら運動をするのもいいですね。

 

*入浴する

実験によると、冷えに効果的な入浴はぬるめのお湯にできるだけ長く入ることだという結果が出ました。
38度から40度のぬるめのお湯にゆっくりつかることによって、心身をリラックスさせる副交感神経の働きが活発になり、血管を拡張させることができます。
また、浮力と水圧の影響で足や腰の筋肉がゆるむことによって、体全体に血液が行き渡ります。
このように入浴することで血流がよくなり、冷えが改善されます。

 

*下着を重ね着する

不妊治療をしている方の中には、働きながら治療を受けていてスカートやストッキングを日常的にはく必要がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これらの衣類は保温性が低く、体の冷えをひどくさせてしまいます。
手足の冷えがひどいからといって、靴下を重ねてはいたりカイロで温めたりしても、血管が広がったことにはならないため、体の冷えは根本的にあまり改善されません。
ここで有効なのは、腕、胸、背中、お腹といった体幹部分を温めることで血流がよくなり体が温まります。

 

□おわりに

今回は冷えを解消する生活習慣をご紹介いたしました。
冷えを解消して、妊娠しやすい体づくりを日常から心がけてみてはいかがでしょうか。
是非、ご紹介したことを実践してみてくださいね。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応