Now Loading...

【自宅でできる不妊治療】妊娠しやすい体作りから始めましょう

妊娠適齢期は25から35歳、そして自然妊娠の限界はおよそ42歳といわれています。
皆さんも一度は聞いたことがあるのでないでしょうか。
しかし、それは妊娠できる体を保てていることが前提です。
そこで今回は、妊娠しやすい体づくりにつながる生活習慣をご紹介いたします。
是非、参考にしてみてください。

 

□妊娠しやすい体づくりにつながる生活習慣

冒頭で妊娠しやすい体が重要であることをお伝えしました。
しかし、妊娠しやすい体とは一体どのような体なのでしょうか。
まず妊娠しやすい体の条件として、卵巣、子宮、母体が健康であることが挙げられます。
特に卵巣の健康が重要です。
卵巣の健康を保つためには、卵巣に血液を行き渡らせる必要があり、そのためには日々の生活習慣を整えることが有効的だといわれています。
そこで、次に卵巣に血液を行き渡らせるためにできる生活習慣を5つご紹介していきます。

 

*適度に運動をする

卵巣への血流をよくするためには、全身の血流から改善する必要があります。
ウオーキングやストレッチなどをして、毎日体を温めることで全身の血流をよくすることができます。
継続して毎日行うことが大切です。

 

*1日8時間程度の睡眠をとる

次に、十分な睡眠をとることです。
十分な睡眠をとることで、母体や卵巣、子宮の状態をよくすることができます。
そのため、夜0時までには就寝するように心がけましょう。
起床時間と就寝時間を一定にし、規則正しい生活を心がけることも重要です。

 

*1日3食バランスの良い食事をとる

バランスのいい食事を3食取ることも大切です。
ダイエットのために1食抜いている方や、ある栄養素をとらないようにしている方、サプリなどで栄養を補っている方が中にはいらっしゃると思います。
しかし、そのような食事をとり痩せすぎていると、体に良くないため、注意が必要です。
体脂肪率は少なくとも20%を切らないように心がけていただきたいです。

 

*体を冷やさない

体を冷やさないことで血流をよくすることができます。
そのため、靴下を重ね履きするなど、特に下半身を厚着し、体全体を冷やさない服装をすることが重要です。
特に入浴後は体が冷えやすいため、暖かい服装をすることが大切です。

 

*タバコと飲み過ぎをやめる

タバコを吸うと血管が収縮し、その結果、血流が悪くなってしまいます。
また、お酒を飲み過ぎると、ホルモンバランスが乱れてしまい、妊娠しづらくなってしまいます。
妊娠を本当に望んでいるならば、喫煙と飲酒は控えましょう。

 

□まとめ

今回は妊娠しやすい体づくりにつながる生活習慣をご紹介いたしました。
是非、この記事でご紹介した生活習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応