Now Loading...

不妊治療の一つである顕微授精って?体外受精とはどう違う?

近年、晩婚化の影響もあり、不妊治療は増えています。

「子供が欲しい」けれど、できないというのは非常に悩ましいことですよね。

そんな不妊の悩みを解決するために不妊治療がありますが、その中でも顕微授精という方法についてご紹介したいと思います。

 

□顕微授精とは

不妊治療には、顕微授精という治療の方法があります。

この方法は、タイミング法(妊娠しやすいと言われる排卵日の二日前から排卵日までに性交渉のタイミングを合わせる方法)と人工授精(男性から採取した精液中の中から活発な精子を取り出して、濃縮し、妊娠が起こりやすいタイミングで女性の子宮内に直接注入し、受精を促す方法)の二つの一般的な不妊治療よりもより後の段階の治療法です。

顕微授精の過程は、男性から採取した精液の中で動きの良い精子を取り出し、細い針を使って、卵子の中に直接注入する方法です。

この方法では、費用が30万円から60万円かかると言われており、非常に高額な治療法となっています。

 

□どんなカップルが受けるのか

上で述べたタイミング法と人工授精の一般的な不妊治療の次の段階には体外受精という方法があります。

この体外受精をしても効果が得られなかったと判断される場合に、顕微授精は行われます。

これは、男性不妊、つまり、男性の精液中の精子の濃度や運動率が低い場合に行われます。

 

□体外受精と違うところ

体外受精では、受精させるための精子を卵子が入った培養液に加え、その中の一個の受精できる状態の整った精子だげが受精しますが、顕微授精では単に元気に運動している様子が正常である精子を一つだけ取り出し、受精させる精子として選びます。

この点で顕微授精は、体外受精とは異なりますが、現段階で、顕微授精によって生まれた子供に形態異常や染色体異常が体外受精と比べて多く発生すると言われているわけではありませんが、まだ明確に分かっていないリスクを伴う可能性があります。

そのため、顕微授精はこの方法を用いなければどうしても受精を起こすことができないというようなカップルにのみ行うべき治療法であると考えられています。

 

□最後に

今回は、顕微授精とは何か、どのようなカップルに適しており、体外受精とはどのような点で違うのかについて解説してきました。

子供が欲しいのにできないというのは、非常に辛い悩みですよね。

不妊に悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にし、顕微授精を検討してみてはいかがでしょうか。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応