Now Loading...

不妊治療に使用される漢方薬の効果と種類とは?

「不妊治療を行っているけど効果が出ない」
このようにお悩みの方も多いのではないでしょうか。
実は、その悩みも体質を改善することで効果が出やすくなり、解決するかもしれません。
不妊治療の効果を得やすい体質にするにはどうすればよいのでしょうか。
今回は、不妊治療に使用される漢方薬についてご紹介します。

 

□漢方とは

漢方は、病気になった特定の部分の治療のみを行うのではなく、身体全体の調子を整えることで根本から問題を解決しようとします。
よって、長期の服用になることが多いです。
また、病気にはなっていないが、なりかけている状態のとき事前に治療しようという未病の考えもあります。
このとき、植物など自然由来のものを原料にした生薬を組み合わせた漢方薬を処方します。
漢方薬は、同じ症状でも体質によって調合するものが変わるため、個々人で成分が異なります。

 

□不妊への漢方の効果

漢方には、体質を改善する効果があるため、不妊の原因となりやすい身体の冷えや血行不良の改善を期待することができます。
これらの改善によって生殖機能を高め、卵子の老化を防止することもできます。
人間は年齢を重ねることを避けることはできません。
加齢により身体機能はもちろん、卵子も老化してしまい、妊娠力が低下しがちです。
卵子の老化は血流が悪かったりホルモンバランスが乱れたりすることで、さらに拍車をかけられてしまうため、不妊の方は特にこれらをなるべく防ぐ必要があると言えるでしょう。

 

□不妊治療で使用する漢方薬の例

*当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

血流を良くし、身体の冷えや疲労を改善します。
さらに、ホルモンバランスを整えて妊娠しやすい身体づくりを行ってくれます。
生理不順や整理痛、流産の防止などの効果もありますが、女性の更年期障害のときにも処方され、婦人科でよく使用される漢方薬の一つと言えます。

 

*温経湯(うんけいとう)

芍薬(しゃくやく)、桂皮(けいひ)、生姜などを合わせたものです。
血液が不足している状態を改善し、ほてりを取り除きます。

 

*八味地黄丸(はちみじおうがん)

主に、泌尿器や生殖機能に影響を及ぼします。
子宮内環境を改善し、着床しやすくする効果があります。
さらに、卵子の老化を防止する効果も期待できます。

*加味逍遙散(かみしょうようさん)

柴胡(さいこ)・当帰(とうき)など約10種類が原料となっています。
血行、疲労改善はもちろん、不安感やイライラなど精神的な不安状態を安定化させる働きを持ちます。
ストレスはホルモンバランスを不安定にし、不妊の要因の一つになります。
よって、これを軽減するため不妊に効果を期待できると言えるでしょう。

 

□おわりに

一般的な薬である西洋薬を服用するのには抵抗があるという方も、漢方なら抵抗が少ない方も多いのではないでしょうか。
もちろん服用する際には飲みあわせや体質の問題などがありますので、薬剤師や医師のアドバイスを聞いてから服用しましょう。
漢方薬で不妊治療の効果を得やすい体質を目指してみてはいかがでしょうか。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応