Now Loading...

不妊治療を受ける女性の敵!冷え性を改善する方法とは?

不妊治療を行っている方にとって身体の冷えは大敵ですよね。
気温が低い冬はもちろん、夏も冷房の効きすぎや冷たいものを食べすぎたり飲みすぎたりすることで身体は冷えやすくなります。
今回は、冷え性について改善方と共にご紹介します。

 

□女性に冷え性が多い理由

様々な要因がありますが、血流という観点から見たときの理由をいくつかご紹介します。

 

*男性より筋肉量が少ないため血液を送り出す力が弱い
*月経のときは特に血液量が不足しやすくなる
*男性より血管が細いため血の流れが弱くなりやすい

 

血流が悪い状態が続いてしまうと、身体全体に栄養や酸素が十分に運搬されにくくなります。
これは、子宮にも影響することになり、働きが悪くなるのです。
この働きが悪くなると女性ホルモンが上手く分泌されず、卵巣の機能が低下します。
これにより、卵子の発育が悪くなったり、排卵や着床に悪影響を及ぼしやすくなります。

 

□冷え性を改善する方法

これをすればすぐに解決!というものは残念ながらありませんが、継続することで冷え性を徐々に改善することは可能です。

 

*身体を温める食べ物を意識する

寒い地域や時期に採取できる作物は身体を温める働きがあります。
これらは陽性食品と呼ばれ、根菜類や黒豆、ひじき、紅鮭などがあります。
スープなどにして食べると温まりやすいためおすすめです。

 

*入浴は湯船に浸かる

シャワーで入浴を済ませてしまう方も多いかもしれません。
湯船にゆっくり浸かることで身体の表面だけでなく、内側も温めることができ、さらにリラックス効果もあります。

 

*ストレスを軽減する

ストレスは自律神経を乱れさせ、緊張状態で作用する交感神経を活発化させます。
この緊張状態では、血管が収縮し血流が悪くなるため、この状態が継続することは冷えの悪化につながります。
自分の時間を確保して趣味に没頭するなどストレスを発散できる方法を持っておくとよいかもしれません。

 

*良質な睡眠をとる

睡眠の質が悪いと自律神経を乱れさせるため、良質な睡眠をとることが大切です。
寝る前にスマホの明るい光を浴びたり、食事後すぐに寝たりすることは睡眠の質を下げてしまうためやめましょう。

 

*適度な量の運動を取り入れる

運動は血行を良くし、さらに継続することで筋肉がつきます。
あまりにハードなものは負担が大きすぎることがあるため、朝にウォーキングをしたり趣味でヨガをはじめてみたり、軽いものから挑戦してみましょう。

 

□おわりに

「全部やるのは難しい」
そんな方も今回ご紹介したような方法のいくつかを試してみてはいかがでしょうか。
少しの意識でこれまでの習慣が大きく変化するかもしれません。
冷え性の改善は、妊娠に最適な体内環境の形成だけでなく、あなたの体調も健康的なものへと導いてくれるのです。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応