Now Loading...

不妊治療をお考えの方必見|不妊治療にはどんな方法があるの?

不妊治療をお考えの方であれば、どのような方法で治療すれば良いのか気になったことはございませんか?
一口に不妊治療といっても様々な方法が存在するのは事実です。
「私に合った方法って何かな?」
とお悩みの方に対して、今回は不妊治療の代表的な方法をご紹介していきます。

 

□タイミング法

こちらは不妊治療の初期の方法で用いられる方法になります。
具体的な方法は、女性のおりものの状態や前回の生理の日程から次の生理の日を予測します。
そしてその排卵が起こるであろうタイミングで性行為を行っていただくことによって、妊娠の確率を上げる試みです。
そうすることで、何か特別な施策を行わなくても自然なかたちで妊娠することが可能になります。
また、もしあなたの生理の周期がバラバラであり、次の生理の日程を逆算することがどうしても難しいという場合には「排卵誘発剤」を使用して生理を人工的に誘発することも可能です。

 

□人工授精

こちらは先ほどのように自然な形で妊娠をするものとは違いまして、人の手を加えることによって男性の精液を女性に子宮内に送り込むものとなっています。
では、自然な形のタイミング法で妊娠をする方と人工授精によって妊娠を図らなければならない方の違いはどこにあるのでしょうか。
これには様々な理由が考えられますが、1つには男性の精子に不妊の原因があることが考えられます。
その場合女性の生理がきちんと周期的にくる方であっても、自然な方法であるタイミング法で妊娠をすることが難しくなります。
そういった場合にこちらの人工授精という方法は大変オススメです。
「生理の周期に合わせて性行為をしているけれど、なかなか子供を授かることができない」
という方は、ぜひ人工授精を試してみてはいかがでしょうか。

 

□体外受精

こちらは、人の手を加えて妊娠を誘発するということに変わりはないのですが、先ほどと違う点としましては、男性の精子を女性の子宮内に誘導する工程をすべて体外で行います。
具体的には、身体の外で精子と卵子を結合させ、結合した卵子を女性の体内に戻すというプロセスを踏むこととなるのです。
こちらに関しては、以前まではかなり難易度の高い治療方法だとされていました。
しかし最近では、不妊治療の中でもよく行われる治療になりました。
では、どういった方が体外受精を受けることになるのかでしょうか。
具体的には、タイミング法を試して効果がなかった方や、人工授精では成功しなかった方がお試しになる方法です。
また、不妊症の原因が男性の精子にあるのではなく、卵管の閉塞が原因で妊娠することができなくなっている方に対しても大変効果的な内容となっています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応